シーメンス:仏銀から資金引き揚げECBに預金、5億ユーロ強-FT

ドイツのエンジニアリング会社、 シーメンスが、2週間前にフランスの銀行から引き揚げた資金5億ユ ーロ(約520億円)余りを欧州中央銀行(ECB)に預金したと、英 紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が報じた。

同紙が直接に事情を知る関係者の話として伝えたところによると、 シーメンスはある仏銀の財務健全性への懸念およびECBの中銀預金 金利の相対的な高さを理由に資金を移した。関係者の名前と銀行名は 報じられていない。シーメンスはECBへの1週間物の預金が40億 -60億ユーロあるという。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは先週、仏 銀クレディ・アグリコルとソシエテ・ジェネラルの格付けを引き下げ るとともに、BNPパリバは据え置き引き下げ方向の見直し継続を決 めた。

FT紙によると、シーメンスが資金を引き揚げた銀行はBNPパ リバではない。BNPの関係者の話を基に伝えた。

シーメンスとECBは同紙に対しコメントを控えたという。ミュ ンヘンのシーメンス広報担当者への電話に応答は得られていない。

FTによるとシーメンスは昨年銀行免許を申請している。銀行免 許を持ちECBに預金できる事業会社は少ないとFT紙は付け加えて いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE