コンテンツにスキップする

豪ドル、NZドル:円と米ドルに対し下落-S&Pのイタリア格下げで

20日の外国為替市場で、オース トラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルは円と米ドルに対し 下落。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がイ タリアの格付けを引き下げたことを受け、高利回り資産への需要が後 退した。

NZドルは米ドルに対して2営業日連続の下落。ギリシャ政府は 資金調達をめぐり、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)との 2回目の電話会議を20日に行う。オーストラリア準備銀行(中央銀行) は20日公表した今月の金融政策決定会合の議事録で、同行が国内外の 経済的リスクやインフレ加速の脅威に対応する上で良い状況にあると の認識を示した。これを受けて豪ドルは一時、対米ドルでの下げを消 した。

豪ドルはシドニー時間午後2時1分(日本時間同1時1分)現 在、対円で1豪ドル=78円01銭に下落。前日は78円29銭だった。 対米ドルでは1豪ドル=1.0191米ドル(前日は1.0222米ドル)。一 時1.0149米ドルと、8月11日以来の安値を付けた。

NZドルは対円で、前日比0.8%安の1NZドル=62円69銭。 米ドルに対しては1NZドル=0.8191米ドル(前日は0.8249米ド ル)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE