中小企業の金融支援や立地補助金など盛り込む-政府が円高対策公表

政府は20日午前、「経済情勢に関 する検討会合」を開き、円高への総合的対応策の中間報告を取りまと めた。円高に伴う「痛み」を緩和する施策のほか、競争力強化や円高 メリットの活用など「攻め」の措置も盛り込んだ。

「痛み」の緩和策としては、雇用創出や中小企業への金融支援の 拡充、観光支援などを明記。一方、競争力を強化するため、立地補助 金を拡充し、「省エネ・新エネ」導入支援策を強化する。円高メリット の活用では、海外でのM&A(企業の買収・合併)支援や資源確保、 高度人材の受け入れなどを進める。

会見した古川元久経済財政兼国家戦略担当相は「守りだけでなく 攻めの姿勢も大切にする」と強調。円高の動向を引き続き注視する姿 勢を示した上で、「為替相場に影響されないような強靭(きょうじん) な経済の構造をつくっていく」と述べた。