コンテンツにスキップする

アジア太平洋地域のクレジットデリバティブ指数、新シリーズに移行

クレジット・デフォルト・スワッ プ(CDS)市場では20日、アジア太平洋地域の債券保証コストを表 すマークイット・グループの指数が新たなシリーズに移行した。

クレディ・アグリコルによれば、40の投資適格級発行体で構成す るマークイットiTraxxアジア(日本除く)指数(シリーズ16) のスプレッドは香港時間午前8時29分(日本時間同9時29分)現在、 205ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)。CMAのデータによ ると、前回シリーズの19日終値は172.8bp。

クレディ・アグリコルによれば、オーストラリアの25の投資適格 級発行体に連動するマークイットiTraxx豪州指数のスプレッド はシドニー時間午前10時7分(日本時間同9時7分)現在、199bp。 CMAによると、シリーズ15の19日終値は184.8bpだった。

ドイツ銀行のデータでは、マークイットiTraxx日本指数の スプレッドは日本時間午前8時59分現在、185bp。CMAによれば、 シリーズ15の16日終値は154.3bp。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE