ギリシャ首相はユーロ残留か離脱かで国民投票検討-カティメリニ紙

ギリシャのパパンドレウ首相は同国 のユーロ残留か離脱かに関する国民投票を検討している、と同国紙カテ ィメリニが伝えた。匿名の関係者を引用している。

同紙によると、首相は国民投票で国際通貨基金(IMF)などから 求められている財政緊縮策について、政府への負託が得られるよう望ん でいる。同紙によれば、ユーロに関する国民投票を実施するための法案 は今後数日中に議会に提出され、審議される可能性があるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE