米ジェフリーズ、ナスダック傘下の決済部門提訴-金利スワップ先物で

米投資銀行ジェフリーズ・グル ープは、決済機関の米インターナショナル・デリバティブズ・クリア リング・グループ(IDCG)を提訴した。ナスダックOMXグルー プ傘下のIDCGが、金利スワップ先物に関連して不正行為や契約違 反を犯したと主張している。

ジェフリーズが16日にニューヨーク州地裁に提出した訴状によ れば、IDCGと同社のインターナショナル・デリバティブズ・クリ アリングハウス部門は、金利先物スワップ契約が店頭市場(OTC) で類似商品を取引するのと「経済的に等価のものだ」とジェフリーズ に説明し、勧誘した。

ジェフリーズは訴状で、「クリアリングハウスが勧誘した取引は、 同社が説明し、社内ルールで規定した店頭取引に比べ経済的に等価の ものではなかった」と主張している。

ナスダックの広報担当フランク・デマリア氏は、今回の訴えに 「メリットはない」とした上で、同社は戦うと述べた。ジェフリーズ 側のフィリップ・コロロゴス弁護士は電話インタビューで、訴訟に関 するコメントを控えた。

訴状によると、IDCGは2008年12月に金利先物スワップの決 済業務を開始。同社はジェフリーズとの契約獲得に「熱心に取り組ん だ」と記している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE