ロンドン外為:ユーロ対ドル上昇に転じる、対円も104円台後半に戻す

更新日時

ロンドン時間20日の外国為 替市場で、ユーロはドルに対し上昇に転じた。欧州株の上昇がセン チメントを改善させたほか、ギリシャがデフォルト(債務不履行) 回避に向けた欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)との協議 は「生産的」だったとコメントし、好感された。

ユーロは円に対しても持ち直し、前日比ほぼ変わらずとなった。 ギリシャ財務省は19日、EU・IMFとの電話会議について「生 産的で実のある協議だった」と発表した。

ロンドン時間午前11時32分現在、ユーロは対円で1ユーロ= 104円82銭と前日からほぼ変わらず。一時は103円99銭まで下 落していた。対ドルは0.1%高の1ユーロ=1.3699ドル。

ドルは対円で1ドル=76円52銭(前日は76円58銭)