米年末商戦:小売業者は慎重、需要改善なら直前に出荷急ぐ動きも

米個人消費が2009年の年末商戦の ように持ち直した場合、小売業者はぎりぎりのタイミングで在庫を急 いで補充することになりそうだ。

投資銀行ロバート・W・ベアードの運輸業界担当アナリスト、ベ ンジャミン・ハートフォード氏は輸入コンテナの量と運送会社の出荷 の減少は、「小売業者が慎重になっており、現時点で在庫を手堅く管理 している」ことを表すものだと指摘。小売業者は消費者の需要がもっ と明確になるまで供給を低水準に維持する意向だと述べた。

企業が売り上げを低く見積もり、需要改善に伴いクリスマス間際 に店舗への商品発送を迫られることになった2009年も、同様の状況だ った。09年と同じ状況が繰り返されれば、陸上と航空の貨物輸送会社 は出荷急増の恩恵を受けるかもしれないと、ドイチェ・バンク・セキ ュリティーズのアナリスト、ジャスティン・ヤガーマン氏(ニューヨ ーク在勤)はみている。

ヤガーマン氏は「消費が今後数カ月間に加速した場合、小売業者 は商品を大急ぎで発送せざるを得ないだろう」とし、「これは運送会社 のアウトパフォームを後押しする可能性がある」と話す。

米消費者による買い物の意欲の兆しは今のところほとんどない。 商務省によると、8月の小売売上高は予想に反して前月から横ばい。 7月は前月比0.3%増にとどまった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE