パルプ・紙セクターの業種判断「中立」へ引き上げ-SMBC日興証

SMBC日興証券は16日付で、パ ルプ・紙セクターの業種格付けを「弱気」から「中立」へ引き上げた。 印刷用紙の国内値上げ後の市況の持続力は乏しいとしながらも、段ボ ール原紙・製品は、国内値上げが2012年3月期下半期以降見込めるな どとしている。

個別では、段ボール原紙・製品の国内値上げでマージン改善が見 込まれるとし、王子製紙とレンゴーの投資評価を「2(ニュートラル)」 から「1(アウトパフォーム)」へそれぞれ引き上げた。半面、北越紀 州製紙は株価上昇で上値余地が乏しくなったとし、「1(アウトパフォ ーム)」から「2(ニュートラル)」へ引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE