コンテンツにスキップする

米株式ファンド:4月末以降の流出額がリーマン破綻後の5カ月上回る

4月末以降の米株式ファンドか らの資金純流出額がリーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻後 の5カ月間の純流出額を上回った。

ブルームバーグがファンド業界団体インベストメント・カンパニ ー・インスティチュート(ICI)と調査会社EPFRグローバルの データをまとめたところによると、過去4カ月の米株式ファンドから の純流出額は約750億ドル(約5兆7600億円)となった。リーマ ン破綻を受けた2008年10月から09年2月の純流出額は計728億 ドルだった。

S&P500種株価指数が8月に弱気相場入りまであと2.1ポイ ントまで迫るなど相場の下落基調に終わりが見えないため、株式ファ ンド離れが起きていると弱気派は指摘する。

キーコープのプライベートバンキング部門チーフ投資ストラテジ スト、ブルース・マケイン氏は14日の電話インタビューで、「相場 が底に近づきつつある状況では、全て売って欲しいという顧客からの 要望で電話が鳴りっ放しになる」と説明。「相場が底にある状況で重 要なのは、景気や企業業績の見通しといったファンダメンタルズの改 善というよりも、投資家の懸念をすべて払拭(ふっしょく)すること だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE