中国人民元:対ドルで4日ぶり下落-人民銀が中心レート引き下げ

中国人民元は19日、ドルに対 して4営業日ぶりに下落。ドル上昇を受け、中国人民銀行(中央銀行) は元の中心レートを1ドル=6.3848元に0.08%引き下げた。

クレディ・アグリコルCIBのシニアストラテジスト、張淑嫻 氏(香港在勤)は「中心レートは単に大幅上昇したドルのトレンドに 対応したものだ」と述べ、「目先の元相場はどちらにも振れる可能性 がある」との見方を示した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海市場で前週末比0.05%安の1ドル=6.3868元で終了。人民銀 は16日に中心レートを6.3797元と、2005年7月以降の最高に 設定していた。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元のノンデリバ ラブル・フォワード(NDF)は前週末比0.22%安の1ドル=

6.3403元。上海スポット取引の元相場に対するプレミアム(上乗 せ幅)は0.7%。香港のオフショア市場で、元は0.23%安の

6.3910元となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE