コンテンツにスキップする

NY金先物(16日):反発、欧州の債務不安が再燃-逃避需要膨らむ

ニューヨーク金先物相場は反発。 1週間ぶりの大幅高となった。欧州の債務危機で世界経済が脅かされ るとの懸念が再燃し、金への逃避需要が拡大した。

欧州の財務相らはこの日開かれた会合で、域内経済にてこ入れす るための財政出動の可能性を否定したほか、銀行を支援することも示 唆しなかった。世界経済の減速を示す兆候が増えていることを手掛か りに、金は今年に入って28%上昇。今月6日にはオンス当たり

1923.70ドルと過去最高値を更新した。

商品調査会社ロジック・アドバイザーズ(ニュージャージー州) のパートナー、ウィリアム・オニール氏は電話インタビューで「背景 にある問題が残っている事実や、欧州の危機は解決されていないこと が実感として受け止められた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比33.30ドル(1.9%)高の1オンス=1814.70ド ルで終了。8日以来の大幅上昇となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE