再保険のアライド:トランスアトランティックとの合併合意を撤回

スイスの再保険会社アライド・ ワールド・アシュランス・ホールディングスは、同業の米トランスア トランティック・ホールディングスとの29億4000万ドル(約 2300億円)の合併合意を撤回した。トランスアトランティックは複 数の企業から対抗買収案を受けたことで、株主の承認取り付けに苦戦 していた。

トランスアトランティックは再保険会社バリダス・ホールディン グス(本社バミューダ)との交渉開始に前向きだとの文書を発表。た だ、バリダスによる現在の買収案は不十分だとしている。トランスア トランティックはまた、資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投 資・保険会社バークシャー・ハサウェイからも買収案を提示されたこ とを明らかにした。バークシャーは最初の提示額を引き上げることに は消極的な意向を示しており、両社の間でさらなる話し合いは予定さ れていないという。

トランスアトランティックは6月、アライドとの株式交換による 合併に合意したが、トランスアトランティックの筆頭株主であるデー ビス・セレクテッド・アドバイザーズはこれに反対を表明していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE