コンテンツにスキップする

インド株(終了):上昇、小幅利上げは大方の予想通り-3週連続高

16日のインド株式相場は上昇。 指標のセンセックス30種株価指数は週間ベースで3週連続高となっ た。インド準備銀行(RBI、中央銀行)が大方の予想に一致する形 で政策金利を引き上げた。

インド最大のトラックメーカー、タタ・モーターズは7%高と、 2010年3月以降で最大の値上がり。インドの国営エネルギー探査会 社、石油天然ガス公社(ONGC)は10年6月以降で最大の上げと なった。政府が同社株売却を先延ばししたことが好感された。

インド中銀は16日の声明で、政策金利であるレポ金利を

8.25%と、従来の8%から引き上げたと発表。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト調査では、17人中14人が0.25ポ イントの利上げを予想、残り3人は据え置きを見込んでいた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比57.29ポイ ント(0.3%)高の16933.83で終了。一時は1.5%高となった。 前週末比では0.4%上げた。

タタ・モーターズ(TTMT IN)の終値は161.85ルピー。ON GC(ONGC IN)は5.4%高の274.70ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE