細野原発相:国際原子力安全研修院設立の考えを表明-参院本会議で

細野豪志原発担当相は16日の参院本 会議で、原子力安全規制を国際的に担う人材の研修機関として「国際原 子力安全研修院」を設立する考えを表明した。民主党の谷岡郁子議員へ の答弁。

細野氏は「原子力安全規制の根幹は優れた人材要請の確保だと考え ている。安定的かつ継続的に組織を運営し原子力安全規制の質的向上を 図るためには高い専門性を有する人材を養成し、確保することが重要」 と述べた。

細野氏は「原子力事故の教訓を生かし高度の専門知識を有しなが ら、新たな安全規制インフラなど国際展開まで視野に入れた人材を育て る研修機関として国際原子力安全研修院を設立したい」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE