豪ヘッジファンドのリーガル、天然資源ファンド開始-鉱山ブームで

オーストラリアのヘッジファンド、 リーガル・ファンズ・マネジメントは商品価格の上昇とインフレを見込 み、天然資源ファンドの運用を開始、最大2億豪ドル(約160億円)の 資金を集めることを目標にしている。リーガルの運用資産総額は10億 豪ドル。

リーガルは「タスマン・マーケット・ニュートラル・ファンド」の 運用で15日にオルタナティブ投資マネジメント協会の支部から豪州の 年間最優秀ヘッジファンドに選ばれた。同ファンドは鉱山株を買って製 造業、小売り、鉱山会社の借り入れた株を売り、1-8月のリターン (投資収益率)は27.4%。

最高投資責任者(CIO)のフィリップ・キング氏は15日、シド ニーでの電話インタビューで、「市場の半分は弱気で半分は強気だ。こ のトレンドに乗じることができた」と述べた。

豪州は、中国からの商品需要で約1世紀ぶりの鉱山ブームに沸く一 方、先進国の中で最も高い借り入れコストで国内需要が圧迫される「2 段変速」経済。タスマン・マーケット・ニュートラル・ファンドのリタ ーンは1-8月のうち7カ月でプラスだった。豪州の株式指標ASX 200指数は9.5%下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE