UBSのトレーダーに奇跡は起きず、デルタ・ワンの損失が逮捕劇に

「奇跡が必要なんだ」。スイスの 中央銀行がフランの対ユーロ相場に上限を設定した今月6日、UBS のトレーダー、クウェク・アドボリ容疑者(不正取引で逮捕)のフェ ースブックのプロフィール画面にはこんな切なる願いが記されていた。

約1週間後の15日午前3時30分、ロンドン市警察は職権乱用に よる詐欺の疑いで31歳のアドボリ容疑者を逮捕した。UBSはその後 5時間足らずのうちに投資家に対し、「1人のトレーダーによる不正取 引」で20億ドル(約1500億円)の損失を被ったと伝えた。

アドボリ容疑者はUBSの顧客向け取引を扱う「デルタ・ワン」 部門に勤務していた。同部門は通常、顧客が証券バスケットの運用で 投機やヘッジするのを手助けするほか、取引をアレンジする際に同行 の自己資金でリスクを取る業務も手掛けていた。2008年1月にフラン スの銀行、ソシエテ・ジェネラルに49億ユーロ(現在のレートで5200 億円)の損失をもたらしたジェローム・ケルビエル被告も同種の部署 に所属していた。

ソシエテ・ジェネラルの元トレーダーで、グレースパーク・パー トナーズ(ロンドン)の資本市場アドバイザー、フレッド・ポンゾ氏 は、「過失では二重安全装置を通り抜けることは極めて困難だ。これほ ど大きな穴をあけるには、意図的にやるしかない。今回の事件が20 億ドルの穴なのかどうか、テクノロジーやリスク管理の失敗なのかを 問う必要があろう」と語った。

世界の監督当局が銀行に自己勘定取引の抑制を迫る中で起こった 今回の逮捕劇で、金融機関にはリスク管理強化や投資銀行とリテール (小口金融)事業の分離を求める声が再燃する公算が大きい。また、 UBSのオズワルド・グルーベル最高経営責任者(CEO)は投資銀 行部門のさらなる拡充を断念せざるを得なくなる恐れもある。

最後の一撃

JPモルガン・チェースのアナリストらは15日付の顧客向け資料 で、今回の損失は「一流投資銀行を目指すUBSの野心的な事業拡大 策に最後の一撃となる」と述べ、「まず、UBSの投資銀行部門の経営 陣が刷新される可能性が高いと思う。次に同行は株主や監督当局から 投資銀行部門の見直しを求める重大な圧力を受けると予想される」と 分析した。

他の金融機関幹部が匿名を条件に語ったところによると、他社の トレーダーは、UBSが上場投資信託(ETF)に絡んだ通貨リスク を十分にヘッジしていなかったか、通貨スワップを誤った方向で行っ た可能性があると憶測している。スイス中銀が6日に上限設定を発表 したのを受け、フランは対ユーロで8%余り下落した。

株・債券、通貨、スワップ、ETFなどを取引するロンドンの証 券会社、ETXキャピタルのシニアトレーダー、マノジ・ラドワ氏は 「通貨取引で失敗した可能性が最も高い」と述べ、「数日間の出来事な らばショックだ。バックオフィスも気付いてしかるべきだった。先週、 短期的に急激な動きを見せたのはスイス・フランだけだ」と指摘した。