NZ:年内は政策金利据え置きか-中銀総裁発言で利上げ観測後退

ニュージーランド(NZ)準備銀 行(中央銀行)は次回の利上げを来年まで先送りする公算が大きいと エコノミストらはみている。同中銀のボラード総裁が、世界的なリス クの拡大は輸出主導型のNZ経済の脅威になっているとの認識を示し たことが背景にある。

ブルームバーグ・ニュースが15日にまとめた調査では、エコノミ スト10人中7人が政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レート について、少なくとも来年1月までは過去最低の2.5%に据え置かれ ると予想した。先週の調査では、15人中13人が今年12月までに利上 げが実施されると予測していた。

NZ中銀は15日の金融政策決定会合で4会合連続となる金利据 え置きを決めた。スワップ市場の動きは年内の政策金利変更はないと の見方を投資家が強めていることを示している。

ニュージーランド銀行(BNZ)の調査部門責任者、スティーブ ン・トプリス氏は「NZ中銀は金利据え置きを決めただけでなく、世 界経済の現状について一段と悲観的な声明を発表した」と指摘した。

-- With assistance from Daniel Petrie in Sydney. Editors: Brendan Murray, Malcolm Scott

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Tracy Withers in Wellington at +64-4-498-2214 or twithers@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephanie Phang at +65-6499-2617 or sphang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE