米TI:四半期配当を31%引き上げ、1株当たり17セントに

アナログ半導体最大手の米テキ サス・インスツルメンツ(TI)は、四半期配当を31%引き上げた。 同社は収益性の高い製品の販売を推し進めている。

TIの15日の発表によると、四半期配当は1株当たり17セン トとする。従来は13セント。10月31日時点の株主を対象に11月 21日に支払う。

TIは、収益性が高くキャッシュフローに寄与するアナログと組 み込みプロセッシング技術の比重を高めている。同社は今月、景気鈍 化が現在の製品ラインの需要の重しになっていると表明していた。T Iの売り上げの大半は、医療機械から電子書籍端末に至るあらゆる機 器の重要部品であるアナログ半導体によるもの。同社によると、増配 は8年連続。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE