NY金先物:続落、欧州銀行へのドル資金供給発表で-債務不安後退

ニューヨーク金先物相場は続落。 ほぼ3週間ぶりの安値となった。欧州の銀行が年末まで資金を十分に 確保できるとの見方から、域内債務危機が深刻化するとの不安が後退 した。

欧州中央銀行(ECB)は国際協調の下に、金融危機の抑制に向 け銀行にドル資金を供給するオペを実施すると発表した。欧米の株式 相場は上昇。ドイツとフランスがギリシャはユーロ圏にとどまること を確信していると表明したことや、中国がユーロ建て債券をさらに購 入する意向を示唆したことが背景。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)の ヘッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで金相場 について、「ECBの発表に反応したものだ。欧州経済にとって前向 きなものと捉えられている」と指摘。「ECBは当面の応急措置をな んとか見いだした」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比45.10ドル(2.5%)安の1オンス=1781.40 ドルで終了した。一時は1775ドルと8月26日以来の安値を付け た。

-- With assistance from Maria Kolesnikova in London and Phoebe Sedgman in Melbourne. Editors: Millie Munshi, Patrick McKiernan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Nicholas Larkin in London at +44-20-7673-2069 or nlarkin1@bloomberg.net; Debarati Roy in New York at +1-212-617-5307 or droy5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steve Stroth at +1-312-443-5931 or sstroth@bloomberg.net