9月15日の欧州マーケットサマリー:株が3日続伸、ドイツ債続落

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3882 1.3755 ドル/円 76.73 76.62 ユーロ/円 106.52 105.39

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 228.69 +4.52 +2.0% 英FT100 5,337.54 +110.52 +2.1% 独DAX 5,508.24 +168.05 +3.1% 仏CAC40 3,045.62 +96.48 +3.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .60% +.04 独国債10年物 1.93% +.05 英国債10年物 2.52% +.08

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,782.00 -36.50 -2.05% 原油 北海ブレント 112.71 +3.06 +2.79%

◎欧州株式市場

15日の欧州株式相場は3営業日続伸。ドイツとフランスの首脳 がギリシャが今後もユーロ圏にとどまるとの認識で一致したほか、欧 州中央銀行(ECB)はこの日、域内の銀行にドル資金を十分供給す るため、米連邦準備制度理事会(FRB)や日本銀行など世界の中銀 と協調すると発表。市場に安心感をもたらした。

ECBの発表を受け、フランスのBNPパリバやクレディ・アグ リコルを中心に金融株が大幅高。スウェーデンの衣料小売り、ヘネ ス・アンド・マウリッツ(H&M)も高い。市場予想を上回る売上高 が好感された。一方、スイスの銀行最大手のUBSは2009年3月以 来の大幅安。同行は投資銀行部門での未承認の取引によって約20億 ドル(約1530億円)のトレーディング損失が発生したことを明らか にした。

ストックス欧州600指数は前日比2%高の228.69で終了。3 営業日続伸で4.5%値上がりした。ただ、今年2月17日に付けた年 初来高値は21%下回っている。欧州債務危機と市場予想を下回る米 経済指標を受け、世界景気の回復がリスクにさらされているとの懸念 は根強い。

ケームズ・キャピタルの戦略責任者、ビル・ディニング氏(エデ ィンバラ在勤)は「ユーロは政治的な手段で金融の手段ではない。ユ ーロ圏を維持するために多大な努力が払われるだろう」と述べ、「多 くの困難があり、市場は苦しい時期を迎えている。今日は幾分、安心 感が出て相場が上昇している」と付け加えた。

サルコジ仏大統領とメルケル独首相は14日、ギリシャのパパン ドレウ首相と電話会談し、同国が今後ともユーロ圏にとどまるのを 「確信」しているとの声明を同日遅くに発表した。

15日の西欧市場では、ギリシャとアイルランドを除く16カ国 で主要株価指数が上昇。ECBがユーロ圏の銀行にドル資金を供給す る3カ月物オペを3度にわたって実施すると発表すると、買いが強ま った。

仏銀最大手BNPパリバは13%高の30.50ユーロと、10年5 月以来の大幅高。クレディ・アグリコルは5.9%上げて5.52ユー ロ。ストックス欧州600指数を構成する銀行株指数は4.1%値上が りし、ここ約1カ月で最大の上昇を示した。

UBSは11%安の9.75スイス・フランで終了。同行は発表文 で、トレーディング損失については引き続き調査中だが顧客のポジシ ョンには影響がないとしている。H&Mは7.1%高の197.90クロ ーナで取引を終えた。

◎欧州債券市場

15日の欧州債市場ではドイツ2年債が4日続落。欧州中央銀行 (ECB)がユーロ圏の銀行にドル資金を供給する方針を打ち出した ことをきっかけに、域内で最も安全とされるドイツ国債への需要が後 退した。

独10年債利回りは5日以降で初めて2%を突破。メルケル独首 相とフランスのサルコジ大統領が14日にギリシャが今後ともユーロ 圏にとどまることを「確信」しているとの声明を発表したことから、 株式相場は反発した。ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥ると の懸念が後退し、ギリシャ国債は大幅高となった。

スペイン10年債利回りは1カ月ぶり高水準に接近。同国は39 億5000万ユーロ相当の国債入札を実施した。

ノルデア銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、ニール ズ・フロム氏は、世界各国・地域の「中銀はドル資金調達の状況に関 して先手を打った」と述べ、「金融セクターには支援材料であり、緊 張が幾分か和らいだ」ことからドイツ国債の需要が減少したと説明し た。

ロンドン時間午後3時55分現在、独2年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.61%。同国債 (表面利率0.75%、2013年償還)価格は0.100下げ100.270。 独10年債利回りは6bp上げ1.94%。一時は2.002%まで上昇 した。

ECBは、米連邦準備制度理事会(FRB)や日本銀行など世界 の中銀との協調の下に、期間約3カ月のドル建て流動性供給オペを3 回実施すると発表した。日程は10月12日と11月9日、12月7日。

ギリシャ2年債利回りは前日比11.17ポイント下げ63.32%。 ギリシャはすべての合意目標を満たす「決意がある」と表明した。

スペイン10年債利回りは4bp上昇の5.40%。一時は

5.44%に達し、先月8日以来の高水準に並んだ。2年債利回りは

3.75%と、前日からほぼ変わらず。

◎英国債市場

15日の英国債市場では10年債相場が3日続落した。株高に加 え、欧州中央銀行(ECB)がイングランド銀行(英中銀)など世界 の主要中銀との協調の下に、ユーロ圏の銀行にドル資金を供給すると 発表したことから、安全資産とされる英国債の需要が後退した。

10年債利回りは2週間ぶりの高水準まで上昇。英中銀が調査報 告でインフレ期待が3年ぶり高水準に高まったことを明らかにした。 また同日発表された8月の小売売上高は落ち込んだものの、エコノミ ストほど悪化しなかった。

BNPパリバのシニア金利ストラテジスト、マテオ・レゲスタ氏 (ロンドン在勤)は英国債の下落について、「リスク志向が表舞台に 戻りつつあることが作用している」と述べ、「いつも通りのリスク資 産との逆相関関係だ」と説明した。

ロンドン時間午後4時48分現在、10年債利回りは前日比8ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.52%。一時は

2.59%まで上げ、1日以来の最高を付けた。同国債(表面利率

3.75%、2021年9月償還)価格は0.720下げ110.780。2年 債利回りはほぼ変わらずの0.55%。

ECBは、米連邦準備制度理事会(FRB)や日本銀行など世界 の中銀との協調の下に、期間約3カ月のドル建て流動性供給オペを3 回実施すると発表した。日程は10月12日と11月9日、12月7日。

英政府統計局(ONS)が同日発表した8月の小売売上高指数 (燃料含む)は前月比0.2%低下。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト調査では中央値で0.3%低下が見込まれていた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ロンドン 蒲原 桂子 Keiko Kambara +44-20-7330-7949kkambara@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE