コンテンツにスキップする

英中銀のウィール委員:リセッションのリスク高まる-ロイター

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)メンバー、マーティン・ウィール委員は、 英国がリセッション(景気後退)に逆戻りするリスクが7月以降に高 まったとの見解を示した。ロイター通信が同委員とのインタビューを 基に15日、報じた。

ウィール委員はインタビューで、「過去2カ月くらいの動向に注 目すれば」、リセッションのリスクが「7月よりも高まったと誰でも 判断できるだろう」と発言した。

ロイターによると、同委員はまた、中銀目標の2%を「インフレ が大きく下回る公算が大きいと判断された場合、資産購入拡大を検討 することは理にかなうだろう」と述べた。

長期債を購入する「余地は大きい」とも指摘したという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Fergal O’Brien at +44-20-7330-7152 or fobrien@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE