コンテンツにスキップする

米プルデンシャル、復星国際と中国で保険合弁を設立へ-60億円規模

米2位の生命保険会社プルデンシ ャル・ファイナンシャルは、中国の顧客向けに保険商品を提供する5 億元(約60億円)規模の合弁会社を中国の複合企業、復星国際と設立 する。

両社が15日発表した共同資料によれば、折半出資の合弁会社は上 海に本社を置く。中国の規制当局から既に当初必要な承認を得ている という。2012年10-12月(第4四半期)に事業を開始する見通し。

コアパシフィック山一インターナショナル(京華山一国際)の夏 平アナリスト(上海在勤)は、「外国の保険会社にとって中国はアジア 太平洋地域および世界で引き続き最も成長見込みのある市場だ」と指 摘、「復星は良い選択だ。生保事業を開始する当初3-5年は投資しな ければならないことから、規模も大きく資本も豊かな現地パートナー を必要としているためだ」と解説した。

両社によると、中国本土の市場は過去30年間に平均で年30%拡 大してきたものの、保険普及率は依然として世界の平均水準を大きく 下回っている。健康保険や個人傷害保険などを含む生命保険料は昨年、 1兆600億元に達したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE