コンテンツにスキップする

中国人民銀:家計のインフレ期待が上昇、不動産価格に不満-調査

中国の家計のインフレ期待は7- 9月(第3四半期)に上昇し、不動産価格は高過ぎると不満を抱いて いる人の割合は過去最高に達した。中国人民銀行(中央銀行)の四半 期調査で明らかになった。

人民銀が15日にウェブサイトに掲載した調査結果によると、10 -12月(第4四半期)に消費者物価の上昇を見込んでいると回答した 人の割合は49.6%と、前期から4.1ポイント増加した。不動産価格は 高過ぎるとの回答は75.6%に増え、その割合は人民銀が2009年1- 3月(第1四半期)に不動産統計を調査に含めて以来最高となった。

今回の調査結果は、過去1年間に5回実施された利上げを含む金 融引き締め策を徐々に解除するのは時期尚早である可能性を示してい る。人民銀は今週、インフレ要因がなお排除されていないため、物価 安定を引き続きマクロ経済政策の最優先課題とする方針を示している。

シティグループのエコノミスト、沈明高氏(香港在勤)は統計発 表前に、「インフレはピークに達したが、その水準は引き続き懸念材料 だ」と指摘。「金融政策の全般的な緩和は見込まれない」と語った。

調査は国内50都市の2万世帯を対象に行われた。

--Li Yanping, with assistance from Huang Zhe, Victoria Ruan in Beijing. Editors: Nerys Avery, John Liu

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst in Hong Kong at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE