コンテンツにスキップする

S&Pのタン氏:米国は「デフォルトリスク」からは程遠い

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)のソブリン債格付け担当シニアディレクター、 キムエン・タン氏は15日、米国はデフォルト(債務不履行)のリスクか らは程遠く、米国債は依然として最も安全なドル資産だとの認識を示し た。

タン氏はシンガポールでの会合で、「AAA」格付けの資産でさえ リスクフリーではないと述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE