アジア株:上昇、独仏首脳のギリシャ発言好感-コモンウェルス銀高い

15日午前のアジア株式相場は上 昇。指標のMSCIアジア太平洋指数がこの1年余りの安値から戻し ている。ギリシャは今後もユーロ圏にとどまるとしたフランスのサル コジ大統領とドイツのメルケル首相の声明が手掛かり。

時価総額でオーストラリア最大の銀行、コモンウェルス銀行はシ ドニー市場で1.9%上昇。売上高の20%を欧州で稼ぐ韓国のサムス ン電子はソウル市場で2.1%上げている。時価総額で世界最大の鉱山 会社、英・豪州系BHPビリトンは銅相場の上昇を好感して1.9%高。 エルピーダメモリも高い。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時48分現在、前 日比1.2%高の117.6。指数を構成する10業種全てが上昇。騰落銘 柄比率は下落1に対し上昇は7余り。