朱IMF副専務理事:市場が先行き不安定化の恐れ-欧米めぐる懸念で

国際通貨基金(IMF)の朱民副 専務理事は14日、欧州のソブリン債危機をめぐる懸念と債務問題で米 経済が鈍化もしくは二番底に陥る恐れがあるとの観測により、市場が 近い将来、非常に不安定になるとの見通しを示した。

中国の大連市で始まった世界経済フォーラム(WEF)夏季ダボ ス会議に出席した朱副専務理事は、こうした懸念が大きな経済縮小に つながることを必ずしも意味するものではないとも語った。

欧州の指導者は、銀行セクターが健全で安定を続けることを確実 にするため、断固たる政策を打ち出す必要があるとも指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-10-6649-7565 or jliu42@bloomberg.net