UBS:未承認取引で1530億円の損失、ロンドンで男性逮捕

更新日時

スイスの銀行UBSは15日、 投資銀行部門での未承認の取引によって約20億ドル(約1530億円) のトレーディング損失を出したことを明らかにした。これにより、7 -9月(第3四半期)が赤字となる可能性があるとしている。

ロンドンの警察当局はこの事件に関連してUBS従業員のクウェ ク・アドボリ氏を逮捕した。事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べ た。ロンドン市警察とUBSは逮捕された男性の身元を明らかにして いない。

UBSのオズワルド・グルーベル最高経営責任者(CEO)が率 いる取締役会は従業員宛ての文書で、経営陣は「できる限り早急に問 題を徹底解明することを目指す。何が起こったかを正確に把握するた めいかなる努力も惜しまない」と表明した。「ニュースは悩ましいも のではあるが、当行が基本的に持つ力に変わりはない」と強調した。

発表直後にUBS株は一時9.6%安となった。2009年までの3 年間に累積で571億スイス・フラン(約5兆円)の税引き前損失を 計上した投資銀行部門の立て直しを図るグルーベルCEOにとって事 件は打撃だ。トレーディング損失を受けて投資銀行部門の縮小や閉鎖 を同CEOに迫る声が強まる可能性がある。

何回見ればいいのか

MFグローバルのセールス・ディストリビューション責任者、サ イモン・モーン氏は「UBSの巨額損失をわれわれは何回見れば済む のだろう。改革が進まず大き過ぎて身動きができず最終的に維持不可 能のように見える。これはUBSの戦略の決定的な転換点となる可能 性がある」と語った。

ロンドンの警察はこの日、午前3時30分にロンドン中心部で男 性を「職権乱用による詐欺の疑い」で逮捕したと発表した。男性の身 柄は拘束中で取り調べが始まっていると説明した。

UBSは発表文で、引き続き調査中だが「現時点ではこれらの取 引による損失を20億ドル前後と見積もっている」と説明した。顧客 のポジションには影響がないという。それ以上のコメントは控えた。

ちょうど3年目

この日は、米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破綻か らちょうど3年目。リーマンが倒れた信用危機によってUBSも巨額 損失を被り、スイス政府からの資金注入を含め460億ドル余りの資 本調達が必要になった。今年1-6月(上期)の投資銀行部門は税引 き前で12億1000フランの黒字。全行での純利益は28億2000万 フランだった。

エスピリト・サント・インベストメント・バンクのアナリスト、 アンドルー・リム氏は、今回の損失はUBSにとって手に負えない規 模ではないが、「2008-09年に死にかけた経験に続くこの事件が、 同行のリスク管理に対する信頼感にプラスとならないことは明らかだ」 と述べた。

UBSは先月、約3500人を削減する計画を発表。削減の約 45%は投資銀行部門で行うとしていた。一方で、同部門の利益回復に 向けた2年間の取り組みで1700人余りを採用したほか、リスクも増 やしていた。

投資銀行部門が前回、税引き前赤字だったのは10年の第3四半 期。