コンテンツにスキップする

9月14日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが上昇、欧州が債務危機の沈静化に対応と楽観

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが主要通貨の大半に対して上 昇。サルコジ仏大統領とメルケル独首相がギリシャはユーロ圏内にとど まるとの見解を述べたことで域内の懸念が緩和された。

この日はサルコジ大統領とメルケル首相、ギリシャのパパンド レウ首相が電話会議を行なった。会議後にギリシャは予算計画の達成 に向けて決意を表明。ユーロはこの後に対ドルで上げ幅を拡大した。 円は対ドルで戦後最高値に近づいた。米小売売上高が前月比で横ばい と、予想外に停滞したことから、米国経済が低迷しているとの懸念が 強まった。

為替取引を手掛けるテンパス・コンサルティングのストラテ ジスト、ジョン・ドイル氏は、「サルコジ大統領とメルケル首相は、 ギリシャがユーロ圏にとどまるべきだということを確信している。 それがユーロ買いをある程度支えている」と述べ、「ギリシャが予 算目標達成への決意を表明したのは前向きなことだ。今は言葉だけ だが、それでもユーロは対ドルで上昇した」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時14分現在、ユーロは対ドルで

0.5%上昇して1ユーロ=1.3749ドル。対円では0.1%上昇して 1ユーロ=105円36銭。円は対ドルで0.4%上昇して1ドル=76 円63銭だった。

ギリシャとフランス、ドイツの電話会議

フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相は、ギリシ ャがユーロ圏にとどまると「確信」している。同大統領の声明で明 らかになった。また、アテネとパリで配布された声明によると、パ パンドレウ首相は、国際救済策で条件の一つである財政赤字削減目 標を達成する決意を表明した。

円は対ドルで3日続伸。8月19日に記録した1ドル=75円 95銭の最高値に近づいた。

日本銀行の宮尾龍蔵審議委員は14日午後、函館市内で記者会 見し、欧州の債務問題がさらに深刻化すれば、世界経済全体、ひい ては国内経済にも影響を与え得るとの見方を示した上で、金融政策 運営について「必要と判断される場合には適切な措置を講じる」と の姿勢を繰り返した。

日本が前回円売り介入を実施したのは8月4日。この時、円は 対ドルで76円97銭まで上昇した。

ブルームバーグ相関加重指数によると、円は年初から先進9カ 国通貨に対して3.7%高。最も高いのはスイス・フランの4.6%高、 ユーロはほぼ変わらず。一方、ドルは2.6%下落した。

EFSF拡充案

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のバローゾ委員 長は14日、欧州委がユーロ圏共同債に関連する選択肢の概要を間 もなく示すことを確認した。ドイツ政府はこうした措置に反対して いる。

バローゾ委員長は「欧州委が近くユーロ共同債の導入のための 選択肢を提示する」と説明した上で、「こうした選択肢の一部は現 行条約の下でも実施が可能となるだろう。それ以外は条約改正が必 要となる。しかし率直に言って、これでわれわれが今直面する全て の問題が直ちに解決されるわけではない」とも語った。

EU首脳は7月、4400億ユーロ規模の欧州金融安定ファシリ ティー(EFSF)の役割拡充を提案し、流通市場での国債購入や 資金難の銀行への支援、信用供与を挙げた。これらの拡充策は、E U加盟国の議会で承認される必要がある。

オーストリア議会の財政委員会は、EFSF拡充案を議題とし て審議することを否決した。議会が14日に声明を発表した。議会 はEFSF拡充案を討議するために財政委員会の特別会合を招集する。 財務省のワイグレイン報道官が明らかにした。

◎米国株:続伸、独仏のギリシャ支援確認を好感-欧州危機の不安後退

米株式相場は3日続伸。フランスのサルコジ大統領とドイツのメル ケル首相がギリシャはユーロ圏にとどまると確信していると表明したこ とが好感された。

S&P500種株価指数を構成する主要10業種は全て上昇した。 米ゼネラル・エレクトリック(GE)やホーム・デポ、遺伝子組み換 え穀物開発最大手のモンサントを中心に、景気敏感株が高い。経済活 動の指標と見なされるダウ運輸株平均は2%上昇。フェデックスは

1.4%高。パソコン(PC)メーカーのデルは3.3%上昇した。取締 役会が50億ドルの追加自社株買いを承認したことを好感して買いが 膨らんだ。

S&P500種は前日比1.4%高の1188.68。今週に入り3%上 昇し、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念で9日に値を下げた 分を取り戻した。この日は取引終了間際にそれでまでの上げを約

2.5%縮小した。ダウ工業株30種平均は140.88ドル(1.3%)高 の11246.73ドルで引けた。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズのシニアポートフォ リオマネジャー、ピーター・ソレンティーノ氏は電話インタビューで、 「心理面からくる上昇だ」とし、「欧州は希望を捨てていない。ユー ロを強く保ち、ドルの代替として維持したいという願望がある。問題 は、ドミノ倒しを回避するメカニズムがあるかどうかということだ」 と指摘した。

欧州の債務危機が悪化する中、世界経済はリセッション(景気後 退)に陥るとの懸念を背景に、S&P500種は4月末から8月8日ま でに18%下落した。それ以降、同指数は6.2%戻した。

押し目買い

ギリシャのパパンドレウ首相およびサルコジ仏大統領との電話会 談を終え、メルケル独首相はギリシャが将来もユーロ参加国としてと どまると確信している。ドイツ政府のザイベルト報道官が明らかにし た。電子メールでの声明によれば、メルケル首相はギリシャによる財 政調整プログラムの完遂は「これまで以上に重要であり、今後の支 援融資の支払い条件だ」との認識を示した。

アテネとパリで配布された声明によると、パパンドレウ首相は、 国際救済策で条件の一つである財政赤字削減目標を達成する決意を 表明した。これを受けてギリシャのデフォルト懸念が和らいだ。

パイオニア・インベストメンツの運用担当者、ジョン・キャリー 氏は電話インタビューで、「安心材料による上昇だ」と指摘。「ここ 2―3日のあいだ、ドイツはギリシャの支払い能力や資金力を維持す る取り組みを放棄するのではないかという憶測があった。株価は相当 下げた。わずかでも好材料となり得る報道があれば、押し目買いが出 やすい状況だ」と解説した。

中国の支援

中国が欧州を支援する可能性があるとの楽観的な見方が広がった ことも、相場を押し上げる材料となった。中国は債務危機に見舞われ た国の国債を購入する意向があると中国誌・財経が14日、ウェブサ イトで報じた。中国国家発展改革委員会(発改委)の張暁強・副主任 とのインタビューを基に伝えた。

株式相場は朝方、7月の米企業在庫の伸びが予想を下回ったとの 発表を受け、下落する場面があった。この日の統計では企業が需要減 退に備えていることが示唆された。この日発表された8月の米小売売 上高は、予想に反して伸び悩んだ。雇用の悪化などを背景に消費者は 支出を抑えており、景気失速のリスクが浮き彫りとなった。

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は1.7%上昇。GEは2.5%高の15.79ドル。ホーム・デポは

2.7%高の33.54ドルだった。モンサントは3.1%高の69.47ド ル、フェデックスは1.4%高の76.01ドルとそれぞれ値を伸ばした。

デルは3.3%高の14.86ドル。今回の自社株買い承認分は5- 7月(第2四半期)末の現金・投資残高に追加される。前回承認され た自社株買い枠は21億6000万ドルが残っている。同社は今年前半 で160億ドル相当の自社株買いを実施した。

◎米国債:30年債が反発、落札利回りが過去最低-10年債は下落

米国債市場では30年債が3日ぶりに上昇。米財務省がこの日実施 した30年債入札(発行額130億ドル)では、最高落札利回りが過去 最低となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が期間が長めの国債を 買い増すとの見方が広がっている。

30年債入札では、投資家の需要を測る指標の応札倍率は3月以 来の高さとなった。10年債は下落。フランスのサルコジ大統領とド イツのメルケル首相は、ギリシャがユーロ圏にとどまると確信してい ると述べた。

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレ クター、ラリー・ミルスタイン氏は「FRBが長期国債を購入すると の期待が強まっており、それが長期債買いにつながっている」と指摘 した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時 間午後4時29分現在、30年債利回りは前日比4ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下の3.28%。同年債(表面利率

3.75%、2041年8月償還)価格は28/32上げて108 27/32。

10年債利回りは1bp上昇の2%、2年債利回りは1bp 低下の0.19%。

30年債と2年債の利回り格差は3.10ポイントに縮小した。

30年債入札

この日の30年債入札では、最高落札利回りは3.310%と、09 年2月の入札で記録したこれまでの過去最低3.540%を下回った。 入札直前の市場予想は3.348%だった。

応札倍率は2.85倍と、3月の入札(3.02倍)以来の高さだっ た。

外国の中央銀行を含む間接入札の落札全体に占める比率は

39.4%。8月の入札では12.2%と、08年2月以来の低水準だった。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接 入札の落札比率は17.3%。過去10回の入札の平均は11.6%。

大和証券キャピタル・マーケッツ・アメリカの債券部門責任者、 レイ・レミー氏(ニューヨーク在勤)は「素晴らしい入札だった」と し、「オペレーションツイスト(ツイストオペ)への期待が広がって いる」と続けた。

FOMCの見通し

20-21日に開催される次回の連邦公開市場委員会(FOMC) では、借り入れコストの低下と景気浮揚を目指し、保有資産の中で期 間が短めの国債を売却して長めの国債に入れ替えるツイストオペの実 施を決定する可能性がある。

FRBはまた、市中銀行の過剰準備に対して支払う金利を引き下 げる可能性もあり、実施されれば2年債など期間が短めの国債への需 要が高まるとみられる。

ゴールドマン・サックス・グループのシニアエコノミスト、ザッ ク・パンドル氏は14日付の顧客リポートで、「当社は現在、来週の FOMCで過剰準備に対する金利引き下げが決定される確率は50% 超と考えている」とし、「引き下げられた場合、金利はゼロではなく、 10bpに引き下げるとみている」と続けた。

◎NY金:反落、欧州債務問題への不安が後退-中国が支援に意欲

ニューヨーク金先物相場は反落。中国による金融支援の観測を背 景に欧州債務危機が深刻化するとの不安が後退、逃避先としての金の 需要が細った。

中国は債務危機に見舞われた国の国債を購入する意向があると中 国誌・財経が報じた。中国国家発展改革委員会(発改委)の張暁強・ 副主任とのインタビューを基に伝えた。米株式相場は3日続伸したほ か、ドルは主要通貨のバスケットに対して上昇。代替投資としての金 の魅力が減退した。

MFグローバル・ホールディングスのアナリスト、トム・ポーリ ッキ氏は電話インタビューで、「欧州は危機回避の方法を見いだそう と努めている」と指摘。「ドルがやや上昇していることも金には弱材 料となっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比3.60ドル(0.2%)安の1オンス=1826.50ド ルで終了した。一時は0.9%値下がりする場面もあった。

◎NY原油:反落、米燃料在庫の増加で-小売売上高も材料

ニューヨーク原油先物相場は反落。この日の米統計で燃料の在庫 増加や需要減少が示されたほか、小売売上高が前月比で変わらずとな ったことが背景。

エネルギー省の発表によると、先週のガソリン在庫は194万バ レル増と、増加幅は6月以来の最大となった。燃料使用量は3.8% 減の日量1870万バレル。製油所の稼動率は87%と、前週から2.3 ポイント低下した。商務省が発表した8月の小売売上高は前月比変わ らず。

コンサルティング会社、プレステージ・エコノミクス(テキサ ス州オースティン)のジェイソン・シェンカー社長は、「とりわけ製 油所の稼動が落ち込んだことを考慮すれば、石油製品在庫が大きく増 加したことに市場は不安を感じている」と指摘。「小売売上高の数字 は米経済の停滞を示す新たな証拠となった。これは原油相場にとって 大きな懸念材料だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前 日比1.30ドル(1.44%)安の1バレル=88.91ドルで終了。

◎欧州株:続伸、中国に高債務国の債券購入を期待-仏ソシエテは安い

14日の欧州株式相場は続伸。中国が高債務国の債券を購入すると の見方が支援材料となった。ただ、温家宝首相は支援拡大を求められ る状況を受け、先進各国は中国に頼るのではなく、財政赤字削減と雇 用創出を自ら進めるべきだとの考えを示している。

イタリア最大の防衛企業フィンメッカニカは大幅高。鉄道部門を 米ゼネラル・エレクトリック(GE)に売却する可能性があるとの報 道を受けた。英衣料小売りのネクストは増益が好感され、過去最高値 (終値ベース)で終了。フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルは

2.9%安。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスによ る格下げが響いた。

ストックス欧州600指数は前日比1.5%高の224.17。日中に 1%下げる場面もあったが、中国は依然、債務危機に見舞われた国の 国債を購入する意向があると中国誌・財経が報じると持ち直した。同 誌は、中国国家発展改革委員会(発改委)の張暁強・副主任の発言と して伝えた。

この発言を受け、「欧州債務危機に関する懸念が和らいだかもし れない」と、コメルツ銀行のストラテジスト、アレクサンダー・クレ ーマー氏は指摘。さらに、「16日を前にしたショートカバー(買い戻 し)の動きもあるかもしれない」と付け加えた。同日は株式先物と株 価指数オプション、個別株オプションの取引期限が重なる。

この日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇。 ただ欧州債務危機を背景に、ストックス欧州600指数は今年2月に 付けた年初来高値を23%下回っている。デフォルト(債務不履行) が懸念されるギリシャのパパンドレウ首相はこの日、ドイツのメルケ ル首相とフランスのサルコジ大統領と電話会議に臨む。

フィンメッカニカは17%高の5.26ユーロと、1998年1月以来 の大幅高。ネクストは6.3%上げ2483ペンスと、少なくとも1988 年以来の高値。ソシエテ・ジェネラルは17.39ユーロで取引を終え た。

◎欧州債:ドイツ債続落、質への逃避が後退-ECBがイタリア債購入

14日の欧州債市場ではドイツ10年債が続落。株高に加え、中国 当局者が債務危機に見舞われた国の国債を購入する可能性がある意向 を示したことを受け、域内で最も安全とされるドイツ国債の需要が後 退した。

イタリア国債は5営業日ぶりに上昇。欧州中央銀行(ECB)は 債務危機拡大阻止のため同国債を購入したもようだ。

ドイツ2年債も下落。同国はこの日に2年債を41億ユーロ(約 4320億円)発行した。ギリシャ10年債は9営業日続落。利回りは 25%を突破した。同国がデフォルト(債務不履行)に陥るとの観測 が広がっている。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)の債券ストラテジス ト、カーステン・リノウスキー氏は、「リスク回避の動きが落ち着き つつある」と述べ、「株式が値を戻しており、ドイツ国債などの逃避 先への資金移動が減ることを意味する。独国債利回りはまだ極めて低 い水準にある。イタリアとスペインの国債への支援材料があった。こ れはECBと関連がある」と続けた。

ロンドン時間午後4時28分現在、独10年債利回りは前日比7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.86%。前日は

1.679%まで下げ、過去最低を記録した。同国債(表面利率2.25%、 2021年9月償還)価格は0.630下げ103.495。独2年債利回りは 4bp上昇し0.54%。

中国誌・財経の報道によれば、中国国家発展改革委員会(発改委) の張暁強・副主任が、同国は依然、債務危機に見舞われた国の国債を 購入する意向があると発言した。

イタリア10年債利回りは前日比9bp低下の5.62%。一時は

5.77%まで上げ、先月5日以来の最高を付けた。2年債利回りは11 bp下げ4.53%。ECBはこの日、イタリア国債を購入した。取引 を知る関係者4人が匿名で明らかにした。ECBの報道官はコメント を控えた。

ギリシャ10年債利回りは118bp上昇し25.65%。一時はユー ロ導入以後の最高となる26.46%を付けた。2年債利回りは

75.43%。779bp上昇の84.52%と、過去最高を記録する場面もあ った。

◎英国債:2年債利回り、過去最低に接近-量的緩和再開の観測

14日の英国債市場では2年債利回りが過去最低まで3ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)の水準まで一時下げた。この日 発表された雇用統計で8月の失業保険申請件数が増加したことを背 景に、イングランド銀行(英中央銀行)が景気てこ入れで資産購入 を再開するとの見方が広がった。

英国債は値上がりした後、株高で安全需要が後退したことから 上げた分を帳消しにした。格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスはギリシャ向け投融資を理由に、フランスの銀行クレ ディ・アグリコルとソシエテ・ジェネラルの長期信用格付けをそれ ぞれ引き下げた。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の金 利ストラテジスト、バトサラ・ダッタ氏は「量的緩和拡大への期待 の中で英国債は取引されている」と発言。ユーロ圏の債務危機が広 がる中、「中核国の国債を売る向きはいない」とも語った。

ロンドン時間午後4時42分現在、2年債利回りは前日比ほぼ 変わらずの0.56%。一時は0.52%まで下げた。12日には過去最 低となる0.49%を付けていた。同国債(表面利率4.5%、2013 年3月償還)価格は105.79。10年債利回りは2ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇の2.43%。

英政府統計局(ONS)が14日発表した雇用統計によると、 失業保険申請ベースの8月の失業者数は前月比2万300人増。ブル ームバーグ・ニュースがエコノミスト23人を対象にまとめた調査 での予想中央値は3万5000人増だった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE