コンテンツにスキップする

全米自動車労組:GMとの契約交渉「山場」、フォードは交渉延長へ

労働契約をめぐり各自動車メ ーカーと交渉を続ける全米自動車労組(UAW)は、ゼネラル・モ ーターズ(GM)との交渉が「山場を迎えた」と述べ、フォード・ モーターとは交渉を延長することで合意したことを明らかにした。 UAWと各自動車メーカーが交わした4年間の現行労働契約は、米東 部時間14日午後11時59分で失効する。

UAWのGM部門副委員長のジョー・アシュトン氏は、組合 員に送った最新情報で、「GMとは合意に向けて大きく前進した」 と述べ、「仲裁に頼ることなくすべての問題を解決することがわれ われの目標だ」と続けた。

UAWは、GMと伊フィアット傘下のクライスラー・グループが 2009年に破たんした際、労働契約交渉中にストライキを起こさない ことで合意している。フォードとUAWは前日、契約期間が失効した 後も交渉を続け、工場の操業も継続することを明らかにした。

通常、UAWは1社と合意した後、それを基準に他社と交渉 を進める。UAWのフォード部門副委員長ジミー・セトルズ氏は、 今年の契約基準は「ゼネラル・モーターズかクライスラーだ。フォ ードではない」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE