英RBS:航空機リース部門売却に5件以上の買収提案-関係者

英銀ロイヤル・バンク・オブ・ス コットランド・グループ(RBS)は、同行が持つ航空機リース部門 をめぐり、英投資会社テラ・ファーマ・キャピタル・パートナーズの 航空機リース会社AWASやオーストラリア最大の投資銀行マッコー リー・グループなどから5件以上の買収提案を受けた。事情を知る2 人の関係者が明らかにした。

協議は非公開だとして関係者の1人が匿名を条件に語ったところ によると、RBSは約60億-80億ドル(約4600億-6200億円)で同 部門を売却することを目指しており、これまで受けた提案はいずれも 部門全体を買収対象としている。

希望価格の80億ドルでの売却が成立すれば、RBSにとっては、 世界最大規模の銀行救済の対象となって以降で最も大型の資産売却と なる。

関係者によると、買収の意思表示の期限は9日だった。買い手は 今月半ばまでにより正式な提案を行う必要がある。RBSとRBSの アドバイザーを務めるゴールドマン・サックス・グループ、テラ・フ ァーマ、マッコーリーの広報担当者は、ブルームバーグの取材に対し いずれもコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE