米財務長官、欧州各国に強力な危機打開策実行を要請へ-財務相会合で

ガイトナー米財務長官は欧州各国政 府に対し、危機打開に向けて強力な措置を講じるよう求める方針だ。 オバマ政権は欧州危機の悪化が米景気回復に水を差しかねないと懸念 している。

ガイトナー長官は16、17両日にポーランドのブロツワフで開かれ る非公式の欧州連合(EU)財務相会合に出席、対応策の強化を要請 する。ユーロ圏当局者が会合の準備状況は非公開だとして匿名を条件 に語った。ガイトナー長官が同会合に出席するのは初めて。

ブロツワフへの渡航は、ガイトナー長官にとってここ1週間で2 回目の欧州訪問となる。長官は仏マルセイユでの7カ国財務相・中央 銀行総裁会議(G7)に出席し、欧州各国に「より強力な行動」を求 めた後、10日にワシントンに戻った。今回の財務相会合にはEU加盟 27カ国が参加する。

キャピタル・エコノミクスの国際経済担当チーフエコノミスト、 ジュリアン・ジェソップ氏(ロンドン在勤)は13日のインタビューで、 今回の訪問は「欧州の状況に米政権が神経をとがらせていることを明 確に示している」と語っている。