欧州債務危機:ギリシャは「大型デフォルト」すべきだ-ブレヘル氏

ギリシャ経済の悪化に歯止めを かけるためにも同国はデフォルト(債務不履行)するべきだと、マリ オ・ブレヘル氏は述べた。同氏はアルゼンチンが2001年に950億 ドルのデフォルトに陥った後に同国中央銀行総裁として危機克服に貢 献。退任後はイングランド銀行(英中央銀行)の顧問を務めた。

ブレヘル氏はブエノスアイレスでブルームバーグのインタビュ ーに応じ、「ギリシャはデフォルトするべきだ。しかも大型のデフォ ルトが望ましい」と述べ、「2段階で亀裂を飛び越えることはできな い」と続けた。

同氏は国際通貨基金(IMF)と欧州中央銀行(ECB)が支 援するギリシャ救済プログラムについて、「リセッション(景気後退) を生み出す」ものだと指摘。ギリシャは今後数年間で経済規模に見合 わない多額の債務を背負い込むとこになり、経済成長が抑制されるだ ろうと述べた。ギリシャがデフォルトした場合、同じような圧力がポ ルトガルにもかかるとの見方を示し、アイルランドに対しては一部の 債務で「少なくとも象徴的なデフォルトを促す非常に強い圧力がかけ られるだろう」と述べた。

ブレヘル氏は「今起きていることはまったく不合理だ」と述べ、 「高債務国が救済プログラムに盛り込まれていることをすべて実行し たとして、つまりあらゆる調整と民営化を実施すると仮定した場合、 2012年末の対国内総生産(GDP)比での債務は今年よりも大きい だろう」と分析した。