キャクストンの共同創設者コブナー氏が退職へ-「世代交代の時」

ヘッジファンド、キャクスト ン・アソシエーツの共同創設者ブルース・コブナー氏(66)は、同フ ァンドを退職する。キャクストンが13日、投資家に送った書簡で明 らかになった。コブナー氏は約30年にわたって、大豆から円相場先 物まであらゆる取引を手掛けてきた。コブナー氏は、S&P500種株 価指数の伸び率の2倍に相当する投資リターンを上げてきた。

キャクストンの書簡によると、アンドリュー・ロー最高投資責 任者(CIO,45)が来年1月1日付でコブナー氏が務める会長と最 高経営責任者(CEO)職を引き継ぐ。キャクストンの共同創設者で あり社長のピーター・ディアンジェロ氏も退職する。

コブナー氏は書簡で、「トレーディング・ビジネスを始めて 34年、キャクストンを率いて28年が過ぎ、当社に世代交代の時が 来た」と述べ、「毎日市場とにらみ合い、興奮していたころを絶対 に懐かしく思うだろうが、同時に新たなリーダーが当社の伝統、ス タイル、そして輝かしい歴史を継承していくことを確信している」 と述べた。