コンテンツにスキップする

仏プジョーCEO:人員を削減、経費節減も強化へ-景気低迷に備え

欧州2位の自動車メーカー、フ ランスのプジョーシトロエングループ(PSA)のフィリップ・バラ ン最高経営責任者(CEO)は13日、人員を削減し、3カ年の節減 計画を強化する方針を明らかにした。欧州がリセッション(景気後退) 入りする可能性がある中でも利益拡大を目指す。

バランCEOはフランクフルト国際モーターショーでの説明会で、 フランス国内での操業で競争力が改善しない場合、パリの北にあるオ ルネー工場を閉鎖する可能性があるとも語った。

「人員削減なくしてのコスト削減はあり得ない」と指摘しつつ、 詳細には触れなかった。さらに「欧州は成長減速局面またはリセッシ ョンに直面しつつある」と続けた。

バランCEOは今年の営業利益を昨年実績の18億ユーロ(約 1900億円)から改善する目標をあらためて示し、自動車需要や価格 が落ち込む中で大半の目標を達成するためにはコスト節減の規模を引 き上げる必要があると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE