コンテンツにスキップする

欧州債:イタリア国債下落、入札低調で-ギリシャ2年債は10日続落

13日の欧州債市場ではイタリ ア国債が下落し、2年債利回りは8月に欧州中央銀行(ECB)が同 国債購入を開始する前の水準に達した。債務危機悪化への懸念から、 イタリアがこの日実施した国債入札では応札倍率が前回を下回った。

ギリシャ2年債は10営業日続落し、利回りは77%に向かって 上昇した。同国債の保証コストを示すクレジット・デフォルト・スワ ップ(CDS)スプレッドは、ギリシャが5年以内にデフォルト(債 務不履行)に陥る確率98%を示している。イタリアは39億ユーロ 相等の5年債を発行。平均落札利回りは5.60%と、前回7月の

4.93%を上回った。応札倍率は1.28倍と、同1.93倍から低下し た。

ロイズ・バンキング・グループの債券ストラテジスト、エリッ ク・ワンド氏は、イタリアの国債入札は「ぱっとしない内容だった」 と述べ、「購入意欲のある投資家はあまりいない。当局者が解決策を まとめるまで、周辺国債は引き続き敬遠されるだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時35分現在、イタリア2年債利回りは前日 比14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.65%。 一時は先月5日以来の最高となる4.81%に達した。同国債(表面利 率4.25%、2013年8月償還)価格は0.235下げ99.385。イタリ ア5年債利回りは17bp上げ5.32%、10年債利回りは13bp上 昇し5.70%となった。

イタリア当局は2018年と20年償還の債券26億ユーロも発行。 5年債入札では最大40億ユーロの資金調達を計画していた。

この日のドイツ国債は反落。独10年債利回りはユーロ導入以後 の最低となる1.679%まで下げた後に4bp上昇し、1.78%となっ た。独2年債利回りは7bp上げ0.50%。同国政府は14日に2年 債を50億ユーロ入札する。

ギリシャ2年債利回りは前日比718bp上昇の76.73%と、ユ ーロ導入後の最高を記録。先週末からでは19ポイント余り上げてい る。10年債利回りは109bp上げ24.63%。一時は過去最高となる

25.01%に達した。

ギリシャの債務1000万ドル相当を5年間保証するコストは前払 い580万ドルに加え年間10万ドルと、過去最高になっている。C MAが示したもので、9日の時点で前払い部分は550万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE