今日の国内市況:株式3日ぶり反発、債券反落-ユーロ10年ぶり安値圏

東京株式相場は3営業日ぶりに反 発。欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁、メルケル独首相の発言 を受け欧州債務問題に対する懸念がやや和らぎ、電機や輸送用機器、 機械など輸出関連株、銀行や証券などの金融株中心に買われた。エル ピーダメモリや日東電工など半導体関連、電子部品株は午後に急伸。

TOPIXの終値は前日比8.56ポイント(1.2%)高の749.82、 日経平均株価は80円88銭(1%)高の8616円55銭。

ECBのトリシェ総裁は12日、「われわれは必要に応じて銀行に 流動性を供給する用意がある」と言明。ECB政策委員会メンバー、 キプロス中銀のオルファニデス総裁は、「欧州の銀行が資本不足に陥っ ているという見方は明らかに誤りだ」と述べた。

また、ドイツのメルケル首相は13日のRBBインフォラジオとの インタビューで、ギリシャの「制御を欠いた破綻」は他の全てのユー ロ圏諸国に影響を与えるため、回避しなければならないと発言。「われ われが避けたいのは金融市場の混乱だ」としている。

この日の日本株は、トリシェ総裁発言やイタリア政府当局者が中 国との間で同国への投資の可能性について協議したことなどが好感さ れ、朝方から買いが先行。為替市場では、1ユーロ=105円前半で推 移し、きのうの103円90銭まで進んだ円高・ユーロ安は一服した。午 後にメルケル首相の見解が伝わった後には、株価指数は一段高。年初 来安値圏に位置するとあって、市場では国内年金など中長期資金とみ られる買いも観測されていた。

株価指数は反発したものの、東証1部売買代金は2日連続で1兆 1000億円を割り込み、8月以降の平均(1兆2700億円)に比べ18% 低い水準にとどまった。12日のクレジット・デフォルト・スワップ(C DS)では、ギリシャが今後5年間でデフォルト(債務不履行)に陥 ると予想する確率が98%に急上昇。市場の警戒ムードは緩んでいない。

東証1部の33業種では証券・商品先物取引、海運、機械、非鉄金 属、鉄鋼、不動産、その他金融、保険、電機、銀行が上昇率上位。半 面、その他製品や情報・通信、電気・ガスは下げた。売買高は概算で 16億8952万株、売買代金は同1兆458億円。値上がり銘柄数は1225、 値下がりは333。

債券は反落

債券相場は反落。イタリア政府が国債購入を中国に打診している との報道をきっかけに米国市場で株高・債券安に転じた流れを引き継 ぎ、日経平均株価の上昇も重しとなった。一方、20年債入札の順調な 結果を受け、超長期債は上昇した。

東京先物市場で中心限月12月物は前日比8銭安の142円57銭で 取引を開始し、午前10時過ぎに142円53銭まで下げた。午後の開始 直後に上昇に転じ、6銭高の142円71銭を付けたが、株価が上げ幅を 広げると再び下落。結局は、寄り付きと同水準の142円57銭で引けた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の317回債利回 りは同0.5bp高い1.0%ちょうどで始まり、午前10時前に1bp高い

1.005%に上昇した。しかし、午後に入ると1bp低い0.985%まで低下。 いったんは1.0%を付けたが、午後5時前から0.995%で推移している。

超長期債相場は上昇。20年債の129回債利回りは同0.5bp高い

1.77%で始まった後、徐々に利回りが低下。入札を通過すると、午後 には2.5bp低い1.74%と、新発20年債として8月上旬以来の低水準 を付けた。また、30年物の35回債利回りは2bp低い1.94%。

財務省がこの日実施した20年利付国債(130回債)の入札結果に よると、最低落札価格は100円65銭、平均落札価格は100円75銭。 最低価格は事前予想の100円55銭を上回った。小さければ好調とされ るテール(最低と平均価格との差)は10銭となり、前回の7銭からや や拡大。応札倍率は3.39倍と前回の3.12倍から上昇した。

ユーロが対円で10年ぶり安値圏

東京外国為替市場では、ユーロが対円で約10年ぶりの安値圏で推 移した。ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念が高まる中、この 日実施されるイタリア国債入札への警戒感もあり、ユーロ売り圧力が くすぶった。

ユーロ・円相場は前日の取引で2001年6月以来のユーロ安値とな る1ユーロ=103円90銭を付けたあと、海外市場にかけてじりじりと 下落幅を縮め、105円台後半に値を戻した。この日の東京市場では105 円64銭を上値に一時は104円97銭まで下押されている。午後4時6 分現在は105円01銭付近で推移している。

一方、ドル・円相場は前日に円が対ユーロで約10年ぶりの高値を 付ける場面で、1ドル=76円76銭まで円高が進行。海外市場では77 円40銭付近まで円が水準を切り下げていたが、東京市場では再びクロ ス・円(ドル以外の通貨の対円相場)を中心に円買い圧力が強まり、 円は77円25銭を下値に76円97銭まで上昇。午後4時6分現在は77 円04銭前後での取引となっている。

ユーロ・ドル相場は前日の取引で一時1ユーロ=1.3495ドルと、 ことし2月以来の水準までユーロ安が進行したあと、1.36ドル台後半 に値を戻した。東京市場では急速なユーロ安の進行に対する調整でユ ーロは下げ渋り、朝方に付けた1.3621ドルを下値に、1.3696ドルま で値を戻す場面も見られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE