ギリシャデフォルト、市場は確率98%を織り込む-ソブリン債危機悪化

金融市場はギリシャが5年以内 にデフォルト(債務不履行)する確率98%を織り込んだ。投資家は 同国がユーロ圏債務危機を生き延びられるとは考えていない。

ヘッジファンド、TFマーケット・アドバイザーズの創業者、ピ ーター・トキール氏は「皆がかなり差し迫ったデフォルトを想定して いる。激しい事態になるだろう」と話した。ギリシャの「緊縮財政策 は明らかに機能していない」と付け加えた。

ギリシャの債務1000万ドル相当を5年間保証するコストは前 払い580万ドルに加え年間10万ドルと、過去最高になっている。 CMAが示したもので、9日の時点で前払い部分は550万ドルだっ た。

ドイツのメルケル首相は、ギリシャの「制御を欠いた破綻」を許 さない考えを示した。ギリシャのパパンドレウ首相は、欧州連合(E U)と国際通貨基金(IMF)から救済を受ける前提の財政赤字削減 を達成すると表明しているが、現実には1-8月の赤字は前年同期か ら拡大し、首相の約束を裏切っている。

ギリシャのデフォルト確率は、デフォルトの場合の回収率40% を想定した標準モデルを使って算出した。

ギリシャ政府は今年の同国経済が5%超のマイナス成長になると 予想している。パパンドレウ首相は週末に、赤字削減に向けたさらな る措置を承認した。

13日の債券市場でギリシャ10年債利回りは初めて25%に達 した。2年債利回りも一時、過去最高の74.88%を付けた。

JPモルガン・チェースによると、西欧の国債15銘柄のクレジ ット・デフォルト・スワップ(CDS)スプレッドから成るマークイ ットiTraxx・SovX西欧指数は過去最高。

ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、スキ・マン氏は12日 のリポートで、ギリシャの「デフォルトによる感染効果は大きいだろ う。次の標的はイタリアとスペインだろうし、デフォルトは欧州の銀 行セクター全体も巻き込むだろう」と指摘していた。