オルファニデス氏:7月合意事項の実行の遅れ、ユーロ圏に大きな代償

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、キプロス中銀のオルファニデス総裁は12日、7月21日 のユーロ圏首脳会議での合意事項の実行に必要な各国政府の承認手続 きの遅れが、「ユーロ圏にとって極めて大きい代償を伴っている」と述 べた。

オルファニデス総裁は同国の首都ニコシアでの会合で、承認に至 っていないことが「われわれが経験している危機を悪化させている」 と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Stelios Orphanides in Athens at +30-210-741-9073 or sorphanides@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gabi Thesing at +44-20-7673-2153 or gthesing@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE