9月12日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが下落、ギリシャのデフォルト警戒-円は全面高

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。対円で2001年 以来の安値をつける場面もあった。ギリシャのデフォルト(債務不履 行)懸念の高まりを受けてドイツのメルケル政権が対応策を準備して いるとの観測が広がり、ユーロの需要が減退した。

ユーロは対ドルで下げ渋った。英フィナンシャル・タイムズ紙 が報道したイタリア国債購入の可能性をめぐる同国政府と中国との話 し合いが材料となった。ユーロは一時、対ドルで2月以来の安値に下 落。今後5年以内にギリシャがデフォルトに陥る確率が98%に高ま ったのが背景だ。円は安全への逃避需要が高まったことから、主要通 貨のすべてに対して上昇した。

BNPパリバの為替ストラテジー責任者、レイ・アトリル氏 (ニューヨーク在勤)は、「ドル高はリスク回避を反映している。リ スク要因は具体的にはユーロ圏の懸念がほぼ大半を占めるが、世界的 な成長不安も存在する」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時1分現在、ユーロは対円で0.4%下 げて1ユーロ=105円62銭。前週末は105円99銭だった。この日 は一時、2001年6月以来安値の103円90銭まで売り込まれた。ユ ーロは対ドルで1ユーロ=1.3679ドル。一時は1.3495ドルと、 2月15日以来の安値をつけた。円は対ドルで0.5%上昇して1ドル =77円21銭。

イタリアと中国

対ドルでのユーロの相対力指数(RSI、14日間ベース)は、

28.52に低下。前営業日に続き30を下回った。これまでの下落ペ ースが速過ぎ、上昇に転じる可能性があることを示唆している。

1カ月のユーロの対ドルでのインプライド・ボラティリティ (IV)指数は17.9%と、2010年5月以来の水準に上昇した。

イタリア政府は中国側と対イタリア投資の可能性をめぐり協議 した。政府関係者が語った。

匿名を条件に語った同関係者によると、話し合いは過去数週間 に行なわれた。イタリア国債の購入は議題の中心ではなかったという。 トレモンティ財務相の広報官はコメントを避けた。

世界経済の成長減速で、低金利通貨で資金を借り入れ、高金利 通貨で運用するキャリー取引は打撃を受けた。ドルや円で資金を借り 入れ、オーストラリアやブラジルの資産に投資する取引は、過去1年 余りで最大の損失を出した。高金利24市場を対象にUBSが算出す るキャリー取引のパフォーマンス指数は今月に入り、2.6%下げてい る。

ギリシャのデフォルトに備え

CMAによれば、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS) 市場で1000万ドル相当のギリシャ5年債を保証するコストは、580 万ドルの前払い保証料と年間10万ドルの保証料となっており、過去 最高。9日時点の前払い保証料は550万ドルだった。

ドイツのメルケル政権は、ギリシャが金融支援を受ける条件を 満たせずデフォルトに陥った場合に備え、ドイツの銀行を支援する計 画を準備中だ。連立政権の当局者3人が明らかにした。メルケル首相 は12日、ベルリンで欧州連合(EU)欧州委員会のバローゾ委員長 と債務危機について協議した。

ドイツ政府の広報担当官が匿名を条件に語ったところによると、 ドイツはギリシャの改善状況に関する報告書の結果を見てから対応を 決める。

安全資産として残った円

ブルームバーグ相関加重指数によると円は1.5%上昇と、先進 国10通貨の中で最高のパフォーマンスだった。日本の経常黒字が外 貨への依存度を弱めていることから、経済・金融が混乱している時に は円が上昇する傾向がある。

ソシエテ・ジェネラルの法人為替営業ディレクター、カール・ フォチェスキ氏は、「最も安全度の高かった通貨の一つが消えてしま った。スイス・フランのことだ。円は安全資産の一つとして残ってい る」と述べた。

◎米国株:反発、中国のイタリア国債購入観測-FT紙が報道

米株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は引け前の45分 間で200ドル以上、値を戻した。イタリア当局が中国の政府系ファ ンドにイタリア国債の売却などを打診しているとの英紙フィナン シャル・タイムズ(FT)の報道が背景。

S&P500種株価指数の主要10業種のうち、テクノロジー株と 金融株を中心に9業種が上げた。資産規模で米銀1位のバンク・オ ブ・アメリカ(BOA)は1%高。向こう数年で約3万人を削減する との発表が好感された。ネットロジック・マイクロシステムズは 51%高。ブロードコムによる現金37億ドルでの買収で合意に達した ことが背景。

S&P500種は前週末比0.7%高の1162.27。同指数は一時

1.6安まで下げていた。ダウ工業株30種平均は68.99ドル (0.6%)上げて11061.12ドル。

プルデンシャル・ファイナンシャルの市場ストラテジスト、クイ ンシー・クロスビー氏は電話インタビューで、「再び中国が関わって きたのは安心材料だ」としたものの、「欧州連合(EU)にまん延し ている問題の深さに対して、これで十分かどうかが市場にとって問題 となるだろう。信用市場が改善するまで、押し目買いは難しいだろう」 と指摘した。

イタリア政府が中国に対しイタリア国債の売却などを打診してい るとのFT紙の報道を受け、株式相場は反発した。FT紙は匿名の複 数のイタリア当局者の話として報じた。イタリアの政府当局者がブル ームバーグ・ニュースに匿名を条件に語ったところでは、イタリアへ の投資の可能性について中国と協議したという。

中国のイタリア債購入

過去数週間の間に行われた協議では、中国によるイタリア国債購 入は中心議題ではなかったという。

セキュリティー・グローバル・インベスターズで260億ドルの 運用に携わるマーク・ブロンゾ氏は、「中国がイタリア債を積極的に 購入するのであれば、解決になるかもしれない」と述べた。

ギリシャのデフォルト(債務不履行)確率が高まったとの懸念を 背景に、日中の取引では軟調な場面が目立った。米格付け会社ムーデ ィーズ・インベスターズ・サービスは、ギリシャへの投資を理由に、 BNPパリバとソシエテ・ジェネラル、クレディ・アグリコルの仏大 手銀行3行の格付けを今週にも引き下げる可能性がある。事情に詳し い関係者2人が明らかにした。

3M、シアーズが高い

景気動向との関連が強い30銘柄で構成するモルガン・スタンレ ー・シクリカル指数は0.4%低下。一時2.8%下げていた。3Mは

2.1%高の78.22ドル。シアーズ・ホールディングスは1.3% 上げて54.24ドル。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)は1%高。ブライアン・モイ ニハン最高経営責任者(CEO)は、黒字回復と株価上昇を目標に経 営再建計画を進めており、その一環として今後数年間で3万人を削減 する。

従業員の約10%に相当する今回の人員削減は、再建計画第1段 階の一環として行われ、2013年末までに年間約50億ドルのコスト 削減を目指す。先週発表された経営幹部の人事刷新も「プロジェク ト・ニューBAC」と名づけられた同計画に基づく。BOAの新人事 ではトム・モンタグ氏とデービッド・ダーネル氏が共同最高執行責任 者(COO)に昇格し、サリー・クローチェック氏とジョー・プライ ス氏はポストを失った。

ネットロジック・マイクロシステムズは急伸。ブロードコムによ る買収価格は1株当たり50ドルと、前週末のネットロジック株価終 値を57%上回る水準。

◎米国債:10年債下落、中国の欧州債購入観測で危機感が緩和

米国債市場では10年債利回りが過去最低から上昇した。中国が 欧州の国債をさらに購入するとの観測を受け、欧州のソブリン債危機 が波及するとの懸念が緩和。米国債の魅力が弱まった。

米財務省が実施した320億ドル相当の3年債入札では、落札利 回りが過去最低を記録した。今週の発行総額は660億ドル。米パシ フィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の運用担 当者、ビル・グロース氏は米国債の比率を2010年12月以来の高水 準に引き上げた。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロ ス氏(ニューヨーク在勤)は「中国がイタリア債の購入を検討してい るとの報道が流れた。誰かがそこに価値を見いだしていることは市場 にやや希望を抱かせる。欧州が崩壊すると毎日のように聞かされるよ りも良いことであるのは明白だ」と指摘した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後4時36分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の1.95%。同年債(表面利率

2.125%、2021年8月償還)価格は9/32下げて101 17/32。 利回りは一時1.8770%と、米連邦準備制度理事会(FRB)がデー タを取り始めた1953年以降の最低となった。

既発3年債の利回りは5bp上昇の0.34%。30年債利回りは ほぼ変わらずの3.25%。

LIBORを下回る

3年債の落札利回りは0.334%と、3カ月物ロンドン銀行間取 引金利(LIBOR)の0.343%を下回った。

前回、3年債利回りがLIBORを下回ったのは、2008年のリ ーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻後の混乱期だった。

3カ月物LIBORは8月8日以降、2年債利回りを下回ってい る。8月9日に連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利を少なく とも2013年半ばまでゼロ近辺で据え置くと表明した。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道をきっかけに10 年債利回りは上昇した。同紙によれば、イタリア政府は中国に対し、 「大量」のイタリア国債の売却などを打診している。

FT紙報道

FT紙が複数のイタリア当局者の話として伝えたところによる と、中国の政府系ファンド(SWF)、中国投資(CIC)の楼継偉 会長は先週、ローマを訪問。トレモンティ財務相らと協議した。

イタリア政府当局者は匿名を条件に、イタリア当局が中国とイタ リア向け投資について過去数週間、協議していると明らかにした。た だ、中国によるイタリア債購入は焦点ではないと述べた。トレモンテ ィ財務相の報道官はコメントを拒否した。

S&P500種株価指数は3営業日ぶりに上昇し、0.7%高となっ た。

この日の米国債市場では買いが先行した。ドイツ政府経済諮問委 員会(5賢人委員会)のメンバー、ラルス・フェルト氏の発言が手掛 かり。同氏は欧州首脳の7月の合意はギリシャのデフォルトを回避す るのに「十分ではない」との認識を示した。

フェルト氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 ギリシャ債については50%前後のヘアカット(債務減免)が必要だ ろうとした上で、遅れるよりも今実施した方が望ましいとの見解を示 した。

3年債入札

米財務省がこの日実施した3年債入札の結果によると、最高落札 利回りは0.334%と、同年債としては過去最低を記録した。入札直 前の市場予想は0.335%だった。

大和証券キャピタル・マーケッツ・アメリカの債券部門責任者、 レイ・レミー氏(ニューヨーク在勤)は「入札は好調だった」と指摘。 「欧州では日替わりで心配の種が変わるような状況が続いており、米 国市場でも継続的な関心事となっている」と述べた。

既発3年債の利回りは5bp上昇の0.34%。30年債利回りは ほぼ変わらずの3.24%。

◎NY金:反落、株安の損失穴埋めで売り-ユーロ建ては最高値

ニューヨーク金先物相場は大幅反落。3営業日ぶりに下げた。株 安による損失を補うため、金の利益を確定する動きがみられた。株式 相場は欧州の債務危機が深刻化するとの懸念から売られた。

ドイツのメルケル首相がギリシャのデフォルト(債務不履行)に 備えて準備しているとの観測が広がり、世界的に株価が下落。外国為 替市場ではドルが主要6通貨のバスケットに対し約半年ぶりの水準 に上昇した。金はこの日、ユーロ建てとスイス・フラン建てで過去最 高値を更新。ドル建ての過去最高値は6日に記録した1オンス=

1923.70ドル。

ニュースレター「ガートマン・レター」のエディターでエコノミ ストのデニス・ガートマン氏は「流動性があると判断されれば、金で あろうと標的から逃れられない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比46.20ドル(2.5%)安の1オンス=

1813.30ドル。

◎NY原油:反発、ドルの代替投資需要-ブレントとの差が縮小

ニューヨーク原油先物相場は3営業日ぶりに上昇。ユーロが対 ドルで6カ月ぶりの安値から戻したことで、ドルに替わる投資先とし ての商品の魅力が高まった。

欧州の債務危機で経済成長が抑制されるとの見方からユーロと 株式は下落していたものの、下げを消す展開となった。イタリアが国 債売却について中国の投資会社と協議しているとの英紙フィナンシ ャル・タイムズ(FT)報道がきっかけ。ウェスト・テキサス・イン ターミディエート(WTI)と北海ブレント原油の価格差は縮まり、 縮小幅は過去3週間で最大となった。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード) のアナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「ユーロと株 価が圧迫された後も原油はプラス圏を維持し、WTIに若干の底堅さ があることが示された」と指摘。「ブレントとWTIの価格差は先週 27ドル超と過去最大となり、現在はそれを約3ドル下回っている」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前 営業日比95セント(1.09%)高の1バレル=88.19ドルで終了。 この日は85-85.95ドルのレンジでの取引となった。

◎欧州株:09年7月来の安値-ギリシャのデフォルト観測で仏銀安 い

12日の欧州株式相場は続落。指標のストックス欧州600指数は 2009年7月以来の安値となった。ドイツがギリシャのデフォルト (債務不履行)に備えているとの観測が高まった。

フランスの銀行BNPパリバとソシエテ・ジェネラル、クレデ ィ・アグリコルが大幅安。これら3行の格付けについて、ギリシャ向 け融資を理由に米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービ スが引き下げる可能性があると事情に詳しい関係者2人が指摘した。 仏保険会社アクサやオランダの金融サービス会社INGグループも 安い。

ストックス欧州600指数は前週末比2.5%安の218.93で終 了。先週は3.7%下げ、今年2月17日に付けた年初来高値からの下 落率は25%に達した。

アルパリ(ロンドン)のシニアマーケットアナリスト、ジェーム ズ・ヒューズ氏は「現在進行中の危機への解決策が出てこないことで 主要な株式市場には不安と不透明感が渦巻いている」と指摘した。

相場続落で、ストックス欧州600の構成銘柄の株価収益率(P ER 、予想収益ベース)は9.1倍と、09年3月以来の低水準とな っている。ブルームバーグの集計データが示した。

この日の西欧市場では、全18カ国で主要株価指数が下落。ドイ ツの連立政権の当局者3人が9日明らかにしたところでは、同国のメ ルケル政権はギリシャが金融支援を受ける条件を満たせずデフォル トに陥った場合に備え、ドイツの銀行を支援する計画を準備中。ギリ シャのパパンドレウ首相は11日、財政赤字削減につながる新たな措 置を承認した。

仏ソシエテは11%安の15.57ユーロで終了。BNPパリバは 12%下げ26.12ユーロ、クレディ・アグリコルは11%安の4.83 ユーロでそれぞれ取引を終えた。保険株指数は4.4%下落し、ストッ クス欧州600を構成する19の業種別指数で銀行株に次ぎ値下がり 率2位となった。アクサは9.7%安の8.48ユーロ。INGは

8.6%下げ4.49ユーロ。

◎欧州債:ドイツ債続伸、質へ逃避-ギリシャ2年債利回り70%接近

12日の欧州債市場ではドイツ国債が3営業日続伸し、同国の10 年債利回りは過去最低を付けた。ドイツのメルケル首相がギリシャの デフォルト(債務不履行)に備えているとの観測が背景にある。

ギリシャ2年債利回りは70%に接近。同国のパパンドレウ首相 は財政赤字の削減につながる新たな緊急措置を承認した。イタリア国 債も下落。この日の国債入札で応札倍率が前回を下回ったことが手掛 かり。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、欧州 の国債を保証するコストが過去最高となった。オランダとフィンラン ド、オーストリアの10年債利回りは1999年のユーロ導入来の最低 となった。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ダ ハイム氏(ミュンヘン在勤)は「ギリシャが追加措置を打ち出したも のの、市場で持ち切りの話題はデフォルトやユーロ離脱の可能性だっ た」と述べ、「これで資金逃避の動きが一段と進んだ」と続けた。

ロンドン時間午後4時27分現在、独10年債利回りは前週末比 2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.75%。一時 は過去最低の1.705%まで下げた。同国債(表面利率2.25%、 2021年9月償還)価格は0.220上げ104.555。独2年債利回りは ユーロ導入以後の最低となる0.359%まで低下した後、4bp上昇の

0.43%。

CMAによると、ギリシャとイタリア、フランスの国債保証コス トは過去最高に上昇した。イタリア国債のCDSスプレッドは38b p上昇の503bp、フランス国債については12bp上昇し190bp。

ギリシャ2年債利回りは12ポイント余り上げ69.551%と、ユ ーロ導入来の最高を更新。先週は9.8ポイント上昇した。10年債利 回りは301bp上昇の23.56%。これも最高を更新。独10年債に対 する利回り上乗せ幅(スプレッド)は21.81ポイントに拡大。

フランス10年債利回りは一時、過去最低の2.444%まで下げた。 オランダ10年債利回りは2.168%まで低下したほか、オーストリア 10年債は2.489%、フィンランド10年債利回りは2.203%まで下 げた。

◎英国債:10年債上昇、利回り過去最低

12日の英国債市場では10年債相場が上昇。10年債利回りは過 去最低を更新した。株安に加え、ドイツがギリシャのデフォルト(債 務不履行)に備えて準備しているとの観測から、安全性が高いと見な される英国債の需要が高まった。

2年債利回りも過去最低を付けた。株式市場では先週3.7%下げ たストックス欧州600指数が、この日は2%余り下げた。ユーロ圏 当局者間の意見対立で、債務危機の解決とギリシャのデフォルト回避 に向けた取り組みが損なわれるとの懸念が高まり、英国債はドイツ国 債と米国債とともに上昇した。

ダンスケ銀行の債券チーフストラテジスト、アラン・フォンメイ レン氏(コペンハーゲン在勤)は「市場では緊張感がかなり高まって おり、リスクのある市場からの資金流出が見られる」と述べ、「英国 債はまだ最高格付けであることから、最も安全な国債の一角と見なさ れ続けるだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時22分現在、10年債利回りは前週末比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.21%。一時は

2.18%まで下げ、ブルームバーグがデータ集計を開始した1989年 1月以来の最低を記録。同国債(表面利率3.75%、2020年9月償 還)価格は0.465上げ112.525。2年債利回りは0.49%まで低下 した後、ほぼ変わらずの0.54%となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae、 Shigeru Chiba ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE