BOA:3万人削減へ、従業員の10%相当-再建計画の第1段階

資産規模で米最大手の銀行、バ ンク・オブ・アメリカ(BOA)は、今後数年間で3万人を削減する。 同行は黒字回復と株価上昇を目標に経営再建計画を進めている。

従業員の約10%に相当する今回の人員削減は、再建計画第1段 階の一環として行われ、2013年末までに年間約50億ドルのコスト 削減を目指す。先週発表された経営幹部の人事刷新も「プロジェク ト・ニューBAC」と名づけられた同計画に基づく。BOAの新人事 ではトム・モンタグ氏とデービッド・ダーネル氏が共同共同最高執行 責任者(COO)に昇格し、サリー・クローチェック氏とジョー・プ ライス氏はポストを失った。

BOAのブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO、51) は12日の投資家への説明会で、「何も規模で最大手である必要はな い。最高の銀行になる必要がある」と述べ、「不要な事業から撤退し、 より的を絞った、単純明快かつ意欲に満ちた企業へと変革できる」と 続けた。

BOAは人員削減に関して文書を発表した。モイニハンCEO は説明会で、個人向け業務関連の経費270億ドルのうち約18%の節 減を目指すと話した。

ニューヨーク株式市場で午前11時19分現在、BOAの株価は 前営業日比7セント(1%)高の7.05ドル。

モイニハンCEOによると、再建計画の第1段階では個人向け 銀行業務、クレジットカード業務、住宅ローンなどを中心に見直しを 図る。BOAの資料によると、これら以外の事業や業務の見直しにつ いては、第2段階で実施される。第2段階の期間は10月から来年3 月末までの予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE