アジア株:下落、銀行株が安い-ギリシャのデフォルト懸念で

12日午前のアジア株式相場は下 落。指標のMSCIアジア太平洋指数がこのまま終了すると、3週間 余りで最も低い水準となる。ギリシャのソブリン債がデフォルト(債 務不履行)に近づいている恐れがあるとの観測から、債務危機が銀行 システムに波及するとの懸念が強まった。

時価総額でオーストラリア最大の銀行、コモンウェルス銀行は

3.3%安。時価総額で欧州最大の英HSBCホールディングスは香港 市場で4.4%下げている。世界最大の鉱山会社、英・豪州系BHPビ リトンは、原油や金属相場の値下がりを嫌気してシドニー市場で

2.9%下落。補聴器メーカーの豪コクリアは、製品のリコール(無料 の回収・修理)発表が響き22%安と急落した。トヨタ自動車も下げ ている。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時40分現在、 前週末比1.7%安の118.68。このまま推移すると終値ベースで先月 22日以来の安値となる。