NY原油時間外:3日続落、85ドル台-欧州債務危機で景気懸念

ニューヨーク原油先物相場はロ ンドン時間12日午前の時間外取引で3営業日続落し、ここ1カ月で 最長の下げとなっている。欧州債務危機が景気を損ねるとの見方から、 売りが優勢となった。

原油先物相場は一時、2.6%下落。ギリシャのデフォルト(債務 不履行)が欧州の銀行危機を引き起こすとの観測を背景に、ユーロが 円に対して2001年以来の安値まで落ちこんだ。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は一 時、前週末比2.24ドル安の1バレル=85.00ドルを付けた。ロン ドン時間午前9時12分(日本時間午後5時12分)現在は85.43 ドルで推移。前週末9日は1.81ドル安の87.24ドルで引けた。 過去1年では11%上げている。