ギリシャ首相:デフォルト回避を公約-北部で演説、デモ隊15000人

ギリシャのパパンドレウ首相はデフ ォルト(債務不履行)を回避し、ユーロ圏内にとどまるために闘うと言明 した。欧州連合(EU)では同国への支援継続に抵抗する動きが出てい る。

首相は10日夜、同国北部セサロニキで演説し、政府の最優先課題は 「ギリシャを破綻から救うことだ」と言明。「われわれはギリシャとそ の国民にとっての惨事である破綻を回避するために闘うための決断を下 してきた。わが国はユーロ圏にとどまる。そしてこれは困難な決断を意 味する」と語った。

同首相の演説にはデモ隊が押し寄せ、警察は催涙ガスを使用した。 セサロニキでの抗議活動には学生やタクシードライバーなど1万5000人 が集まり、合計4500人の警官隊が配備された。警察は94人を拘束、2人 を逮捕した。

同首相は「今年のリセッションが中期財政計画の基礎となっている 国際機関の推計を大きく下回るとしても、ギリシャは財政目標を達成す るだろう。その方向のため必要なすべての行動を取っている」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE