NY金(9日):続伸、世界経済や欧州債務問題への懸念で逃避需要

ニューヨーク金先物相場は続伸。 ギリシャ債務危機が深刻化しているとの不安や、世界的な景気減 速の兆候を背景に価値保存手段としての金に買いが入った。

ドイツのメルケル政権はギリシャが金融支援を受ける条件を満 たせずデフォルト(債務不履行)に陥った場合に備え、ドイツの銀行 を支援する計画を準備していると伝わると、MSCIオールカントリ ー世界指数とS&P500種株価指数はいずれも一時3.1%下落した。 オバマ米大統領は前日、4470億ドルの雇用創出および景気拡大計画 を提案した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ギリシャが抱える問 題は巨大で、オバマ大統領の計画もどれだけ実行に移されるのか疑わ しい」と指摘。「株式相場は下落しており、安全への逃避が始まって いる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比2ドル(0.1%)高の1オンス=1859.50ドル。 週間では0.9%の値下がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE