米国債(9日):10年債利回り過去最低-ギリシャ債務不履行を警戒

米国債相場は反発。10年債利回 りは過去最低を更新した。ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥 るとの観測が広がり、欧州の金融債とソブリン債の保証コストは急上 昇して過去最高を記録した。これを受けて、米国債への逃避買いが進 んだ。

指標となる米10年債の価格は週間ベースで続伸。ドイツのメル ケル政権は、ギリシャが金融支援を受ける条件を満たせずデフォルト に陥った場合に備え、ドイツの銀行を支援する計画を準備中だ。ギリ シャ財務省は電子メールで声明を発表し、市場で広がるデフォルトの うわさは「組織的な憶測」だと退けた。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・ コミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「今は不安が全てを動かしてい る」と指摘。「今週末にギリシャがデフォルトに陥るのではないかと の不安が高まっている。市場でこのような価格の上昇が見られるのは そのためだ」と説明した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後4時2分現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下の1.92%。同年債(表面利率

2.125%、2021年8月償還)価格は17/32上げて101 27/32。

S&P500種株価指数は前日比2.7%下落。ストックス欧州600 指数は2.6%安。金先物12月限は上昇。金先物は6日に一時

1923.70ドルと、過去最高値を更新した。

米10年債利回りは一時1.8942%に下落し、FRBの1953年 以降の記録で最低水準を付けた。週間では7bp低下となった。この 日は一時4bp上げて2.02%付ける場面も見られた。

ドイツの緊急対策

協議は非公式に行われているとして匿名で語った当局者による と、ドイツの緊急対策には、ギリシャ向け次回融資が見送られた場合 に保有ギリシャ債で50%の損失が想定される銀行や保険会社を支援 する措置が含まれている。

関係者の1人によれば、2008年に導入されたドイツ政府の銀行 救済ファンドを引き継ぐ基金を活用し、銀行の資本増強を補う可能性 がある。

CMAによれば、ギリシャ国債のCSDスプレッドは701bp上 げ、過去最高となる3727bpを付けた。5年物先物で同国の債務不 履行の確率は94%と示唆されている。

カナダのフレアティ財務相は、フランスのマルセイユで記者団に 対し、ギリシャが財政赤字の削減計画を前進させることができなけれ ば、ユーロ離脱を余儀なくされる可能性があると発言した。

ギリシャの反応

ギリシャ財務省は声明を発表し、同国は救済プログラムに基づく 合意を「完全に実行する」との決意を表明した。ブルームバーグのデ ータによれば、次回のギリシャ債満期日は12月19日で、12億ユー ロ相当が償還を迎える。その間、ギリシャが保有する米国債が満期を 迎えるが、償還元本は通常はプライマリーディーラーによって再投資 される。

欧州のソブリン債危機に追い打ちをかけるように、欧州中央銀行 (ECB)はシュタルク理事の辞任を発表。協議内容は機密事項だと して匿名を条件にユーロ圏の銀行当局者が明らかにしたところでは、 シュタルク理事は今週4日の電話会議で、ECBの債券購入に反対し ていた。債券購入プログラムは先月、イタリア債とスペイン債にまで 対象を広げた。

債券市場で不安心理を測る指標とされる米2年物スワップスプレ ッドは10年7月以降で最大となった。欧州の金融債とソブリン債の 保証コスト上昇が背景。

2年物金利スワップレートと米同年債利回りとの格差であるスワ ップスプレッドは一時4.06bp上昇し35.25bpを付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE