欧州金融債と国債保証コスト過去最高-危機深刻化、米雇用計画に不安

9日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場では、欧州の金融債とソブリン債を保証する コストが上昇し、過去最高を記録した。オバマ米大統領が打ち出した 雇用創出計画の議会承認が難航するとの見方に加え、ギリシャの債務 危機がさらに深刻化しつつあるとの懸念が広がったことが背景にある。

JPモルガン・チェースによれば、欧州の銀行・保険25社の優 先債のCDSスプレッドに連動するマークイットiTraxx金融指 数はロンドン時間午後3時現在、19ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇し283bp。前週末の246bpを上回っており、 このままいけば週間ベースで2009年3月以降で最大の上昇となる。 西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドから成るマークイットiTr axx・SovX西欧指数は9.5bp上げ333bpに達した。

オバマ大統領は8日に上下両院合同会議で演説し、4470億ドル (約35兆円)規模の雇用創出計画に「迅速に」取り組むよう促した。 9日の金融市場でギリシャ国債のCDSスプレッドは上昇し、債務不 履行の確率93%を織り込んだ水準となった。

クレディ・アグリコルのストラテジスト、ハープリート・パーハ ー氏(ロンドン在勤)は、オバマ大統領の「雇用創出計画が議会を通 過するとの確証はまったくない」と述べ、「市場はまだ納得しておら ず、関心の低さを物語っている」と続けた。

CMAによれば、ギリシャ国債のCSDスプレッドは412bp 上げ、過去最高となる3437bpを付けた。ポルトガル国債のスプレ ッドは44bp上げ1110bp、アイルランド国債については21bp 上昇し857bp、イタリア国債は22bp上昇の456bp。

金融機関の劣後債の指数は42bp上昇し515bpと、これも過 去最高を記録。イタリア最大の銀行、ウニクレディト社債のCDSス プレッドは20bp上げ260bp、ドイツのウェストLBのスプレッ ドは25bp上昇の375bpとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE