香港株(終了):下落、中国工業生産の伸び鈍化嫌気-百麗国際が安い

香港株式相場は下落。ハンセン指 数の週間騰落率は3週間ぶりにマイナスとなった。中国の8月の工業 生産の伸び鈍化で、米景気の先行きをめぐる楽観的な見方が打ち消さ れた。

鉄道建設会社の中国鉄建(1186 HK)は1.1%安。時価総額 で中国最大のアルミニウム生産会社チャルコ(中国アルミ、2600 HK)は1.7%下落した。婦人靴販売の百麗国際(1880 HK)は

1.9%下げて続落。同社の経営幹部が自社株の売却を計画していると の発表が響いている。

携帯電話サービス会社のチャイナ・モバイル(中国移動、941 HK)やインターネット会社のテンセント・ホールディングス(騰訊、 700 HK)も売られた。

ハンセン指数は前日比46.19ポイント(0.2%)安の

19866.63で終了。騰落銘柄比率は上昇1に対し下落が約2。週間 下落率は1.7%となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比

0.3%安の10468.89で引けた。