米ハイランド・キャピタル、欧州CLOの売却を再び目指す-関係者

米債券ファンドのハイランド・キャ ピタル・マネジメント(運用資産230億ドル=約1兆7800億円)は、 いったん棚上げしていた欧州のローン担保証券(CLO)運用事業の 売却に再び乗り出している。

協議に詳しい関係者2人によれば、計30億ドル相当のCLO5本 の売却ではナティクシスが再び幹事を務めている。交渉が非公開であ ることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、このポートフォリ オは今年初めに売りに出されていた。ハイランドの広報担当者、アー メル・レスリー氏はコメントを控えた。

ハイランドは、リソース・アメリカやアラジン・キャピタル・ホ ールディングスに続いて、保有する欧州のCLOを売却する可能性が ある。今年に入り、一部の資産運用会社の間で欧州から資金を引き揚 げる動きが続いている。欧州市場の回復ペースが米国ほど迅速でない ためだ。CLOは債務担保証券(CDO)の一種で、高リスク・高利 回りのローン債権を集めてリスクやリターンがそれぞれ異なる証券を 組成したもの。

ブルームバーグのデータによれば、今年これまでに米国で発行さ れたシンジケートローンを裏付けとするCLOの額は70億ドルを超 える。一方、欧州のCLOは8億5800万ユーロ(約925億円)にとど まっている。