日本株3日ぶり反落、世界経済や円高懸念し輸出、素材関連売られる

東京株式相場は3営業日ぶりに反落。 世界経済の悪化による需要減退や為替の円高懸念を背景に、機械や電 機、自動車など輸出関連株、繊維や鉄鋼といった素材関連株が売られ た。週末で、短期資金を中心に持ち高整理の売りも出た。

TOPIXの終値は前日比1.71ポイント(0.2%)安の755.70、 日経平均株価は同55円46銭(0.6%)安の8737円66銭。

ユナイテッド投信投資顧問の井上淳最高投資責任者(CIO)は、 「海外投資家のマネーフロー流入が乏しく、なかなか相場に底入れ感 が出てこない」と指摘。グローバルマクロ経済の下振れ懸念が強まる 中にあって、「輸出関連など外需依存度の高い企業は、業績の減額修正 もやむを得ない」と話していた。

経済協力開発機構(OECD)は8日、経済見通しの中間報告を 示し、米国の7-9月(第3四半期)成長率予想をプラス1.1%、10 - 12月(第4四半期)をプラス0.4%と、5月時点の見通しである2.9%、 3%から下方修正した。ユーロ圏の3大経済国の成長率は、第3四半 期プラス1.4%、第4四半期マイナス0.4%が見込まれている。日本は、 第3四半期がプラス4.1%、第4四半期はゼロの見込み。

欧米景気の減速に対する警戒感が広がったほか、欧州での利上げ 見通しの後退で、外国為替市場ではユーロが下落。欧米での需要減退 に加え、為替採算の悪化懸念も重なり、機械や電機、輸送用機器など 輸出関連株が売られた。

下落率トップは機械、ファナック急落

機械株は、東証1部業種別33指数で値下がり率トップ。個別では、 コマツやダイキン工業が日経平均のマイナス寄与度上位に並んだ。設 備投資関連ではファナックが7.6%安で終え、同銘柄だけで日経平均 を35円押し下げた。日本工作機械工業会が8日発表した8月の工作機 械受注額(速報値)が外需の落ち込みで前月比13%減少し、8カ月ぶ りに1000億円台を下回ったことが嫌気された。

この日はTOPIX、日経平均とも前日終値を挟み方向感なく上 下した。東洋証券の中川祐治デリバティブ・ディーリング室長は、欧 米の財政・経済に不透明感が漂う中、7カ国財務相・中央銀行総裁会 議(G7)を控えた週末でもあり、「市場参加者の間では見送り気分が 強い」と指摘。海外投資家が売り優勢なのに対し、国内勢は年金が下 値を買っているほか、日本銀行による株価指数連動型上場投資信託(E TF)買いへの期待で、「需給面からも方向性が出にくい」としていた。

また、野村証券の若生寿一シニアストラテジストは、日経平均が 上方に控える25日移動平均線に跳ね返される格好となっており、「チ ャート形状的に良くない」と指摘している。

内需関連に避難

この日の相場で、投資資金の「避難場所となったのが内需関連業 種」と、ユナイテッド投信の井上氏は言う。東証1部売買代金上位で はファーストリテイリングやグリー、KDDI、コナミ、花王、三菱 UFJフィナンシャル・グループなどが上昇。JPモルガン証券が強 気の投資判断を確認したJTも高い。

きょうの取引開始時は株価指数先物・オプション9月限の特別清 算値(SQ)算出で、日経225のSQは8732円49銭と8日の日経平 均終値8793円12銭を60円63銭下回った。大和証券キャピタル・マ ーケッツや東洋証券など複数の証券会社の調べによる。東洋証の中川 氏は、「SQ算出に伴う相場への影響はほとんどない」としていた。

東証1部の売買高は概算で22億896万株、売買代金は1兆6637 億円。SQの影響で売買代金は8月9日以来、1カ月ぶりの高水準に 膨らんだ。値下がり銘柄数が818、値上がりは691。東証1部業種別 33指数では機械、繊維製品、石油・石炭製品、電機、鉄鋼、輸送用機 器、非鉄金属など17業種が下落。水産・農林、パルプ・紙、食料品、 情報・通信、銀行など16業種が上昇。

国内新興市場は、ジャスダック指数が前日比0.6%安の49.59と 3営業日ぶりに小反落、東証マザーズ指数は同0.5%安の427.42と小 幅続落。

-- Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net